[戻る]

浜茶屋 海が好き

過去ログ参照モード 1000〜1999


[←No.1900〜1949] [No.1950〜1999] [No.1950〜1999→]

No.から No.まで 1000〜1999 の範囲で指定)
[最新50発言] [全発言(1000〜1999)] [伝言板の設定変更]
OR AND

過去ログ
  6000〜最新 1〜999 1000〜1999 2000〜2999 3000〜3999 4000〜4999 5000〜5999

深く掘り下げて議論したい場合は …… うる星やつら伝言板
グッズのやり取りは …… 友引フリーマーケット
オフ会の打ち合わせ等は …… オフ会打ち合わせ


No.1999 (98/10/7 19:43)
name:920
email:
URL:

うる星やつらのファンクラブがかつてあったと聞きましたが、いつごろあったか・どのような会報を出していたのか知りたいのですがどなたかご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?


No.1998 (98/10/7 03:42)
name:GEN
email:
URL:

 う〜ん、劇場版4は確かに何度見ても「何で? どうしてそうなるの?」

となってしまうなあ。

 多分、当時は「うる星」と名が付けば何でも売れてしまう時代だったから、

制作者たちも「うる星」の名を借りて自分たちの好きなように作ってたんじゃ

ないかな。おそらく上の方はノータッチだったろうし。「ああ、何でも

かまわんよ」みたいに。

しかし話は変わりますが、連載終期を含め、映像化されてないエピソードって

結構ありますよね。みなさんはそういう「あれをぜひ!」みたいなのって

あります?

僕は、地味〜な二つの話をピックアップ。

19巻の「ああ夜店」と29巻の「校長殴打事件」。

前者はオチがとても好きで、「大金物市」に変貌しても「これが夜店か…」と

感動する面堂と、フライパンをかじりながら「固いっちゃ!」と顔をしかめる

ラムがとても印象的です。話も展開がスムースでスピーディー。ギャグも

冴えに冴えており、「これぞうる星!」とも言うべき内容なのですが・・

話のスケールが少し小さかったのでしょうか? 映像化は確かされてません。

後者はさらにスケール小さく、全編校長室の中。ですが、ギャグ、テンポ

ともに最高で、また、後期らしく(?)少々シュール入っているのもこの

場合良い効果を与えていました。

「面堂、きさま何てことを!」 どぱーん(波)

「えーい、目に涙を一杯ためながら根拠のない仮説をくり広げるな!」


No.1997 (98/10/6 21:33)
name:地底のプリンス
email:kim-mail@sannet.ne.jp
URL:

うる星劇場版4・ラム・ザ・フォーエバーで盛り上がってますねぇ。〜♪(^^)

私も、この映画が難解で、自力では理解できませんでした。(;;)<今も良く解らないですけど。(汗;)

ただ、うる星劇場版LD−BOXのLDに、インタヴューが収録されていまして、その中にうる星4の監督さんでいらっしゃいます、
やまざきかずお氏のインタビューが収録されていまして、その中にちょっとだけ”ラム・ザ・フォーエバー”について、触れられていたのを思い出しましたので、書き込みさせて頂きます。<ご覧になられた方は、ご存知の通りです。(笑)

☆:やまざきかずお監督のうる星4の世界観(?)の要約

うる星ワールドの始まりは、そもそもラムちゃんが友引町に来た時から始まった。で、ラムちゃんが来た頃から、いろんな部分が変わってきて、変調を来たしてきた。

それは、友引町という生命体の中に、異分子が入り込んできて、<ガイア論みたい。(^^
そのために友引町が、ある時はとても良かったんだけど、いろいろと障害を起こしてきて、変調を来たしてきた。

その為、友引町自身が生まれ変わりたいんだ、と。

(で、色々な異変や、現象が発生していくんですよね。たぶん。)

(ラムちゃんの超能力を奪ったのは、特異性を奪う為だし、みんなの記憶や記録から、ラムちゃんを消したのは、ラムちゃんの存在自体を排除しようとしたのでしょう。)<え? いわれなくても分かるって?(笑)

そして、幻想的な雰囲気のなかで、友引町自身が意思を表して、
ラムちゃんやあたる達に、主人は誰なのかを問いかけ、

(そのことに気づいた面堂達は、友引町と対決すべく、水乃小路家と大戦争を起こし、友引町を破壊した、と言うことでしょうか?)

最後に友引町の意識体が、「分かった。今までのおまえ達(ラムちゃんやあたる達)のことはもう、いい。 これから新しくなるのだから...思い出だけでも十分生きていけるし。」

(で、友引町自身が、ラムちゃんの存在を認め、許したことにより、
ラムちゃんは、みんなの元に戻れた、ということでしょうか?)

ということらしいです。だいぶ、はしょってしまった。(笑)

まぁ、”ラム・ザ・フォーエバー”に関しましては、
やまざき監督自身、説明不足を認めておられます。
そして、”鬼姫伝説”というのが、入ってしまったから、あれが困っちゃったと苦笑されていらっしゃいました。

ですが、私自身の意見と致しましては、物語の真意を理解しようとするのではなく、幻想的なもう一つのうる星の世界として、楽しむことにしています。(笑)

嗚呼!また、しょ〜も無いことを書いてしまった。(汗;)
みなさん、長文&乱文、ごめんなさぁ〜い!(^^;)


No.1996 (98/10/6 16:52)
name:ろっぢ
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1988 ゆきかぜさん
 僕も4はあまりよくわかりません(^^;
絵が奇麗で曲も良いので鑑賞にはいいんですけどね(ぉ
僕もどちらかといえばドタバタ系が大好きです。
そんな理由で、絵は違和感あるけど、OVA「ハートをつかめ」が
大好きです(^^;<メガネもコワレてるしね(笑)
 10/25って、らんま中心の即売会ですよね?
僕は行きますよ〜ん(⌒∇⌒)♪
 NetscapeNavigator3.xxまでなら書き込み出来るのかな?
分からないですね・・・(涙
InternetExplorerなら4.xでも書き込み出来るみたいなんですけど。

#1990 吉村星陽/seiyoさん
資料になるかどうか分かりませんが、わりと簡単に手に入るものでは
#1991 でめぐみさんがおっしゃってる「少年サンデーグラフィック うる星やつら 15」
があります。

#1991 めぐみさん
時間内に収まりきらなかった、というような事を聞いたような気が・・・<ちとあやふや
鬼姫伝説ってどんな関係があったの? とかナゾが残る作品です(^^;
グラフィック15のシナリオはまともに読んだことなかったりして・・・(汗

#1992 wadachi kobayashiさん
4はまだ見てないですか。4を見れば、BDよりも難解だと感じるようになるかも(^^;
エヴァは・・・はまるのが怖く(笑)て極力みないようにしてますので・・・


No.1995 (98/10/6 16:52)
name:ろっぢ%管理人
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1989 延美 智さん

はじめまして、ようこそ (^-^)/
ワイド版からのファンですか。
僕もワイド版は発売日に買ってたけど、置き場所が無くて
譲ってしまいました(^^;
小説って、昔出た小説ですよね? なかなか見つからないですね。
神保町で見かけても、一冊\2,000とふざけた値がついてるし・・・
同人誌もムズカシイのかな?
最近のならコミケで入手するという手もありますけど、
昔のは・・どうなんだろう?
渋谷のまんだらけとかでも見かけないですね<というか、多すぎて探す気力もないです(^^;

完結編は良いですよね〜
僕も何度見ても泣いてしまいます(T-T)

今後もよろしくね(⌒∇⌒)♪


No.1994 (98/10/6 16:11)
name:Atoraction
email:
URL:http://members.xoom.com/atoraction/

3次元チャット”Worlds Chat/J”を使って
うる星やつらの話をしよう!という
集まりです。
ぜひ、お立ち寄りを、、、


No.1993 (98/10/6 14:58)
name:ゆきかぜ
email:dora@ipc.hiroshima-u.ac.jp
URL:

こんにちは〜、ゆきかぜです!

吉村星陽さん、ウィルの投稿読みましたよ〜。
新しい人が増えてきてうれしいです。
かくいう私も、返り咲きのうる星ファンです。

映画版の資料は、#1992のめぐみさんが言われてるように、
サンデー・グラフィックスと言う本に割と詳しく記されています。
今では、古本屋やまんだらけ等のショップでしか入手できませんが、
手に入れる価値はあります。

MLには載せたんですけど、千葉繁さんのラジオ番組がFM放送で
始まったみたいです、中四国の各FM局で夜2時からオンエアされてます。
他の地域はまだ確認がとれてません。曜日は忘れてしまいましたすいません。

ではでは!


No.1992 (98/10/6 13:41)
name:wadachi kobayashi
email:cat00242@catline.or.jp
URL:

ん〜、私はまだ4は見てません。(1から3と完結編はしっかり見たが)
なので、難解なものといえばどーしてもBD、とゆー連想になってしまいます。
そーいえば、最近ではエヴァ劇場版(第25話)の冒頭のシーンがそれと
そっくりなのを見て「やはり…」とニヤリとした様な…。にくいなぁ(笑)。
(それを知りたい人はビデオにて確認する事をお勧めします)


No.1991 (98/10/6 10:33)
name:めぐみ
email:HIRO-MEGU@msn.com
URL:

うんうん、劇場版4って難解ですよね。絵はきれいで好きだけど。
サンデーグラフィック15に載っていたシナリオ(準備稿)の方が
映画より少しまし。な、気がします。
あの作品は、時間内にお話が収まらなかったのかしら。


No.1990 (98/10/5 23:06)
name:吉村星陽/seiyo
email:seiyo@d1.dion.ne.jp
URL:

みんな言っていることなんですが、
劇場版4の内容は難解ですね。一応自分でいろいろと考えてみましたが、
どこかに資料や解説はありませんか? もしくは知っている方や分かった方
がいたら教えてください。


No.1989 (98/10/5 22:01)
name:延美 智
email:nobitomo@geocities.co.jp
URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/1988/gr.html

はじめまして皆様、延美 智と申します。
「うる星やつら」好きなんですよ〜!
私はワイド版コミックからのファンなので、アニメの方は
当時、レンタルビデオを借りまくって見てました。
書籍関係は今でも探しています〜。(小説がなかなか手に
入らないんですよ〜。同人誌も難しいです。)

劇場版の話で盛り上がってますね〜。
完結編は何度観ても泣けてしまいます。
劇場版4はラムちゃんの色んな服装が見れて良かったです。
(内容は難しくてよくわからなかったです。(^^;))

それでは、またお邪魔しますね〜


No.1988 (98/10/5 16:52)
name:ゆきかぜ
email:dora@ipc.hiroshima-u.ac.jp
URL:

ネスケって書き込みできなかったの?
ず〜とネスケで書き込みをしてた私は一体・・・・。
v3.xxだからかな。

#1986 ろっぢさん
劇場版の4は内容が難しすぎてあんまりよくわかんないんで
パスします(^^;;。絵はめちゃくちゃきれいですね。

そういえば3も、ラムちゃんいぢめられてましたね。
ラムちゃんがいじめられると話が湿っぽくなりますよね。
それはそれで感動があるのかもしれませんが、原作の、
のりのような、どたばた系が大好きなんで・・・。

ところで、ろっぢさん他関東組の方(関西組の方でも)
は、25日の即売会にはいかれるのですか?

ではでは。


No.1987 (98/10/5 13:10)
name:ろっぢ
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1969 GENさん
ををう、ネスケでも書き込み出来ましたか・・・
バージョンによって違うのかな? 3.x までは大丈夫とか・・・
ネスケ使ってる皆さん、色々試してみてもらえると嬉しいです(^^;
(と言っても、カキコのテストはやめてくださいね(^^; )

#1974 ゆきかぜさん
「ラムいじめ」といえば、劇場版3、4もいじめの感じを受けます(^^;
その方が話しが作りやすいのかな〜・・・
そういう点から見ても、BDの方が落ち着いて見れる(笑)な〜と思います(^^;

#1975 めぐみさん
をう、旦那さん、連想したのはベリアルですか(汗
またシブイ所をついてきましたね・・・
ファンでも軽〜く忘れてしまう存在だと思うのですが(笑)

#1977 ひめさん
ぬわにぃ〜!「ラムちゃん」と呼ばれてるだと〜!?
許さ〜・・・・(°_。)☆\バキッ!   ・・・失礼しました(汗
コホン・・・え〜、元気一杯で健康的なひめさんは、思わず「ラムちゃん」と
呼びたくなりますよね…<「…」は何?
それにしても、部長まで話しに加わるとは・・・楽しい職場ですね(笑)

#1978 よしろーさん
「どっきるドクター」、ガンモよりも前なんですか。
ガンモは好きでしたね〜 声は杉山さんでしたっけ?

>「BDのストーリーでRMLの絵だったら、もうベストなのにね。」などと話をしていたのを

僕がTV版を見てて常々思ったことは
「TV版も劇場版レベルの絵だったらベターなんだけどね」
です(^^; 絵によって出来ることと出来ないことってあるんだろうけど、
ひどい絵の時もありますからね・・・ (--;;
あ、NN3.0でカキコ出来ましたか・・・ NCがダメなのかな?
報告ありがとうございます。

#1979 GENさん
僕は制作スタッフなどには疎い方なので、なんとも言えないです(^^;
絵には好みもあるでしょうからね。
僕は完結編の絵でも大丈夫(?)ですけど。<「月に吠える」とかもね

#1985 わあ☆くすさん
僕も昔はそのネタが分かりませんでした(^^;
「まあ、そういうもんなんだろう!」という事で読み飛ばしましたが・・・
(Crowがカラスだという事は知っていましたが)
うる星を読むには、教養も必要なんですね(笑)<俺は知性はあるが教養はねえ! by竜ちゃん


No.1986 (98/10/5 13:10)
name:ろっぢ%管理人
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1973 wadachi kobayashiさん、#1980 なかしま。さん、はじめまして、ようこそ! (^-^)/

wadachiさん
を、ご多分に漏れず、BDで一気にハマりましたか(^^;
メガネはいいですよねー BD中盤の名セリフとか良いですよね。
度胸の良い絶叫ぶりとか(笑)
僕はOVA「ハートをつかめ」の時のメガネも好きです(^-^)

なかしま。さん
まだまだファンは沢山いますよ! 犬夜叉も連載中とあって、
るーみっくは「あつい」です!<この場合の「あつい」は「ぅ熱い」と書きます(^^;
うる星ファンクラブ入会時の事とか、色々聞かせてくださいね。

今後もよろしくね(⌒∇⌒)♪


No.1985 (98/10/4 13:52)
name:わあ☆くす
email:katsumit@silver.ocn.ne.jp
URL:

この間、「明石屋さんまの世にも不思議名前物語」で、ブルース・リーの
息子、ブランドン・リーが撮影中の事故で非業の最後を遂げたと放映してました。
そのタイトルが「CROW」(カラスの英訳)何故?krow義常なんだ思っていた当時!ですが、最近になって気づいたのです。牛若丸の元服後の名前が
九郎判官義経(くろうほうがんよしつね)だったことに^^;。
当時気づいていればもっと楽しめたのにな〜「父よあなたは強かった」が・・・。


No.1984 (98/10/4 12:56)
name:こゆき
email:
URL:

>藤原 雄さん
めぞんのオープニングの曲名教えてくださってありがとうございます!
そーなんですかぁ、あの斎藤由貴が歌ってたとは・・・全然知らなかったデス。
斎藤由貴が歌ってた頃かぁ、結構昔だな〜。


No.1983 (98/10/3 14:27)
name:藤原 雄
email:stuckstaff@ma2.justnet.ne.jp
URL:

#1982 こゆきさん
そのめぞんのOPは斉藤ゆき(あのスケ番刑事の)が歌っている、「悲しみよこんにちは」という曲です。
ちなみにめぞんの一番目のOPです。

#1981 惣一郎さん
あの北斗君(まんまケンシロウ)とこたつねこの対決は当時大爆笑しました。
アニメの北斗の拳を観たときも笑いましたが。(ケンシロウ=神谷 明 シン=古川 登志夫)
まるで面堂対あたるでしたからね。


No.1982 (98/10/3 13:05)
name:こゆき
email:
URL:

どうも、こゆきです。
>めぐみさん
はじめまして。「うる星やつら」ブラウン管に復活させて欲しい!私もそう思って
仕方ないのです。随分長い間TV版の「うる星」を見ていない・・・

オープニングやエンディングの曲も殆ど忘れかかっている。あぁ・・
少しは覚えているんですけどね、中でも私はオープニングの曲(だったと思いま
す)に関しては「めぞん一刻」のある曲が大スキでした。あ、今でもスキです。
だけど曲名はすっかり忘れてしまったし(なんせ子供でしたのでタイトルを
覚えておこうなどとは思っていなかった・・・)、メロディの部分だけは
覚えてるんだけど。
確か、歌詞に「涙がかわいたあとには・・・」という詞があるのです。
どなたか「めぞん」のオープニングで、わたしが好きなこの曲↑に関して
知っていれば教えてください!

あっ!「めぞん」のことばかりでゴメンなさい・・


No.1981 (98/10/3 09:35)
name:惣一郎
email:
URL:http://www.geocities.com/Tokyo/Island/4638/

繁盛してますね。
ところで、アニメのうる星やつらにケンシロウ(北斗の拳)やナウシカのポスターなどが登場するんですよね。何か、当時の時代背景がひしひしと伝わってきます。


No.1980 (98/10/3 04:29)
name:なかしま。
email:kt-nakashima@pop02.odn.ne.jp
URL:

はじめまして。なかしまと申します。パソコン買ったばかりです。いろいろ検索するうちにここをみつけました。すっごくうれしかったです。『うる星』ファンになってからずいぶんと長い年月が過ぎましたが、未だ『うる星』を越える漫画(アニメ)には出会ってないし、今後も出会うことはないでしょうね。(もちろん『うる星』ファンクラブにも入ってました)またちょこちょこお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。


No.1979 (98/10/3 03:49)
name:GEN
email:
URL:

あたらんさん、ジャリテンのストラップなら池袋の東急ハンズで見かけた
ような記憶があります。漫画のキャラクターの小物が「おいおい、こんなに
ニーズがあるのかよ」と思えるほど沢山ありました。ちなみに私は原作板
デビルマンのストラップを彼女に選んでもらいま・・ すみませんっ!!

う〜ん、私は「ビューティフル・ドリーマー」かな、面白いのは。
奇妙な設定ながら、脳天気な「うる星」ワールドはそのままだと思うし、
「オンリー・ユー」はラブストーリーに過ぎるって感じなので押しつけ
がましく思えてしまう。
でもBDが負けてるところが一つ。それはエンディングだ!
なんだ、「BD」にも、それどころか「うる星」自体にも全く関係なさそうな
歌詞内容は、曲調は! いやはや、せっかく「すごいモノを見た」っていう
余韻が全て失せますね、ありゃ。何がブーメランなんでがす?

やっぱり正当は「完結編」かな。でも絵がディーンじゃないから馴染めない。
その後のビデオも。
ぴえろとディーンの絵には暖かみがあったがマジックバスには全くなーい!

あ〜、誰にも言いようがなかったことが初めて言えた、この解放感!
だれかレス下さい。何でもいいです。


No.1978 (98/10/3 00:37)
name:よしろー
email:yos@ccom.or.jp
URL:

>めぐみさん
喜んで頂けましたようで、何よりです。(^^)
そうですか。予想されていましたか。(^^;
私も、ある日突然「だっちゃーの!」の言葉を閃きまして絵にしたのですが、
実は描いている途中、他のどなたに先を越されてしまうのでは?と妙な強迫観念に
捕らわれていました。(^^;
「どっきりドクター」って「GU-GUガンモ」より以前のマンガですもんねぇ。懐かしいなぁ。(^^)
ほんと、「うる星やつら」もリメイクしないかなぁ。もちろん、声はオリジナルのままで。

OY、BDとお話が盛り上がっていますね。(^^)
どちらかと言うと、私はBDが好きです。
当時、映画に行くお金も無かったので、両作品ともTVで観たのですが、友人と
「BDのストーリーでRMLの絵だったら、もうベストなのにね。」などと話をしていたのを
覚えています。(^^;

以上、NAVIGATER 3.0での書き込みでした。


No.1977 (98/10/2 22:33)
name:ひめ
email:
URL:http://village.infoweb.ne.jp/~yukahime/

ををっ???なにやら、BDかOYかで盛り上がってるようですが、ひめはBD派ですね。
OYは、初の劇場板うる星ということで、テレビ、又はアニメに引き続き、というカンジがしますが、BDは、音楽といい、絵といい、まさにこれ一本で完成!!でしょう!!!
ろっぢさんと同じ意見です。

ひめは、会社でなぜか『ハニー』と呼ばれているのですが、最近『ラムちゃん』と呼んでくださる方がいて(皆さん、殴りたい気持ちはよく判る)、それを聴いていた部長が『ラムちゃんって、あの角のある子でしょ???懐かしいなぁ。』と、うる星談議に花が咲いてしまいました(^ ^;
楽しい職場です・・・。


No.1976 (98/10/2 21:39)
name:あたらん
email:
URL:

久しぶりに見てます。
どなたか ジャリテンの携帯ストラップ、販売しているところ 知りませんか?
情報ください。


No.1975 (98/10/2 17:23)
name:めぐみ
email:HIRO-MEGU@msn.com
URL:

#1971 ろっぢさん
私も「どっきりドクター」って、ぜんぜん知らないんです。
ただ、ワイド版が発刊中らしいから古いのかなと思っただけ。
アニメ化告知は、ゆきかぜさんと同じくサンデーで見たのです。
だんなは相も変わらず、毎週毎週サンデー他を買ってくる。

ところでだんなはうる星を連載当初から読んでいる。
でもファンではなくて、ただ普通にサンデー買ってるだけですが。
で、だんなにうる星からなにか連想してもらったところ・・・
「赤いベスパに乗っている悪魔。でもって、後ろにチャウチャウ」
だそうです。


No.1974 (98/10/2 16:12)
name:ゆきかぜ
email:dora@ipc.hiroshima-u.ac.jp
URL:

はじめましての方、はじめまして〜♪
ぼくは、返り咲きのるーみっくふぁんです、
よろしくお願いします。

#1967めぐみさん
私も、サンデーの「どっきりドクター」のアニメ化
の広告を見て、そしてアラレちゃんのリメイクを見
て、うる星もお願い!と思ってしまいました。

O・YもB・Dも甲乙付けがたいですね。
私は作画がどうとか、監督がどうとか、は気にならない
(気にしない)し、うる星があるだけでうれしいの
です。だから評判の芳しくないI・M・D(しかし、
なんちゅう略しかたや)も結構好きです。ラムちゃん
がいじめられるのがちょっと気になりますが・・・。
ただし、完結編だけは辛くてほとんど見てませんが。

#1970 GENさん
竜之介ちゃんの、あのあたるに抱えられキスされようと
しているシーンの顔が、かわいくて好きです。
ちなみに私は、ランちゃんとおゆきさんと弁天さまが好きです。

ではでは〜。


No.1973 (98/10/2 15:12)
name:wadachi kobayashi
email:cat00242@catline.or.jp
URL:

どーも、初めまして。wadachiと申す者です。
「うる星」は親戚の家にあった単行本を読んではまりました。
しかし、私の一番お気に入りのキャラクターは「メガネ」です(笑)。
特に「B・D」で一気に…(やはり同類だからか。むー)では!。


No.1972 (98/10/2 14:29)
name:ろっぢ%管理人
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1970 GENさん

はじめまして、ようこそ! (^-^)/
そうそう、あのピンクのOPは小学校低学年だった僕にはインパクト
強すぎでした(^^;<ひょっとしてGENさんと歳近いかな?
僕が強烈に記憶に残ってたのは「君去りし後」の「心細いな」が流れる
シーンでした。
うる星VCDを買って、久々にこのシーンを見たときは感動しましたね〜
(LDよりも先にVCD買ってたので・・・)

同人誌の18禁ものは嫌いですね。
最近のコミケでは、幸か不幸かサークルも減って、ちゃんとしたものが
殆どです<悲しいことにわずかに残ってるんですよね・・・(涙

あたるとラムの関係にやきもきといえば・・・
「はっぴいバースデー マイ ダーリン」を見てるときはやきもきしましたねー(^^;
こういうのは体に良くない(笑)ので、この手の話しが少なくて良かったです(^^;
(「春遠からじ〜」もだな)
色々なタイプの作品があるのも、うる星の面白い所ですよね。

根後もよろしくね(⌒∇⌒)♪


No.1971 (98/10/2 14:28)
name:ろっぢ
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1963 ゆきかぜさん

「オンリー・ユー(OY)」と「ビューティフル・ドリーマー(BD)」のどちらかですか…
・・・BDかな?
僕は表現云々とかっていう見方は特にしない(そういう風に意識して見ない)ので、
割と客観的な判断ですが・・・
作品単体で見た場合、OYはうる星をある程度知らないと面白くないけど、BDはそれ単体でも
かなり楽しめる作品なんじゃないかな? と思います。
(BDのTV放映を見てファンになった人も結構いますしね)
それと、僕の好きな理由の最大のポイントですが、BDの方が曲が好き、というのがあります(^^;
うる星に限らず、僕がその作品を好きになる理由の半分位は「曲が気に入った」です(^^;
(OYはMIMIさんが作曲してるのに〜! でもBDの方が好き)

#1967 めぐみさん

同じ事を考えてた方っているんですね。僕は全然思い付きもしなかった(^^;;
「どっきりドクター」・・・知らないです〜
というか、最近アニメって見てないから、今どんなのやってるか把握してないし・・・
関西の方では「らんま1/2」が再放送されてるんですけどねー
うる星も再放送しないかな・・・
関東でらんま、めぞんの再放送もして欲しい〜


No.1970 (98/10/2 01:27)
name:GEN
email:
URL:

あれあれ、どうやらどうやら書き込み出来ました。
ええ、私は今年20ン歳になるむくつけきプロレスラー(に近々なる予定)。
僭越ながら、私の「うる星歴」をここでひとつ。

1982 初めてTVでうる星に触れる。「テンちゃんの恋」だったと記憶
している。「今日は子供の日だよ!」「高校生にもなって何言ってるの」
という、あたる親子の台詞はハッキリとおぼえています。
また、小学校低学年の私にとって、ドピンクのオープニングは恥ずかしいこと
この上なく、この日以来視聴することはほとんどありませんでした。

1984 夕方の再放送をときどき見る。「仮面ぶとう会」は偶然本放送、再放送の
両方見ています。

1986 新番組「めぞん一刻」開始を知り、同時に放送終了を知りましたが、
別段感慨はありませんでした(無礼!)

1988 クラスの友達の間で、コミックスの回し読みがはやりました。
トンちゃんの愛ロバ「はやぶさ」がやけにおかしかった。

1989 お金に余裕ができたので、ワイド新版として出たコミックを
気まぐれに一冊購入。竜之介親子登場がメインの巻でした。
 私のうる星熱はそこからはじまりました。世の中にこんな面白い漫画が
あったなんて、どうして気がつかなかったんだろう! それから数日とたたぬ
うちに、コミック34巻すべて購入しました。古本屋でしたが。
(はずかしながら、最初はラムちゃんでなく、竜之介に惚れていた私・・・。)
 それから1、2年はうる星熱はますますヒートアップ。しかし貧乏人の
悲しさ、回るのはもっぱら古本屋、古レコード屋。総額50万の全話収録LDが
あることを知ったものの、無力なガキンチョの悲しさを思い知りました。
(後年、ビデオをほとんどダビングできましたが)
また、漫画と現実の区別もようつかず、あたるとラムの関係にやきもきしたり、
面堂やメガネ一派を本気で憎んでみたり。ああ。また、同人誌を手にとって
みたらラムちゃんがあられもない格好で犯されており、2、3日気が滅入りっぱなし
なんてこともありました。

現在、当時ほどの熱は冷めてはいますが、、「私のフェイバリット漫画」の一つと
してのうる星は以前として輝きを保っています。
今、みなさんほどの熱は無いかもしれませんが、培ってきた知識だけはそこそこ
貯金されているので、どうかこれからも一つよろしくお願いします。


No.1969 (98/10/2 00:55)
name:GEN
email:
URL:

お初にお目にかかります。ネットスケープなんですが・・・(実験)


No.1968 (98/10/2 00:19)
name:ろっぢ
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1963 ゆきかぜさん

を、グラフィック16、17入手ですか。おめでたう〜(⌒∇⌒)♪
このグラフィックは凄いですよね〜 同人誌でここまでやるか? って感じです(^^;
元祖「少年サンデーグラフィック うる星やつら」の方が途中で終了してしまったため、
この2冊はとても重宝しています(^^)
16はまだ同人誌っぽいけど、17は凄いですよね。まさに資料本!って感じです。
少年サンデーグラフィックを集めている方は、是非見て見てください(^^)
冬コミでも出ると思いますよ(サークルは『スタジオ・アニメQ』です)


No.1967 (98/10/1 18:47)
name:めぐみ
email:HIRO-MEGU@msn.com
URL:

よしろーさんのイラスト拝見しました。
わたしも少し前に同じこと考えて、同じような落書きをしてたので笑えました。
しかも「だっちゃーの」って、もじれるなーとか考えていた点まで同じ・・・。
だれかが描くと思っていたら案の定。

なにやら、「どっきりドクター」がアニメ化近日放送らしいけど、
これって結構古いマンガなんでしょ? しかもスタジオぴえろ?
んでもって、水曜7時30分から?
どうせなら、うる星もブラウン管に復活させてちょーだいな!


No.1966 (98/10/1 12:21)
name:ろっぢ%管理人
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/ja2/roddi/page/toukou/

〜お知らせ〜

投稿コーナーに、よしろーさんのイラストを掲載させて頂きました。
今回のイラストは色っぽいラムちゃんだっちゅーの(汗
皆さん、是非見てくださいねー (^-^;)/

投稿コーナーは上記URLから行けます (^-^)/


No.1965 (98/10/1 06:46)
name:S.H
email:shinsaku@ylw.mmtr.or.jp
URL:

No.1963   ゆきかぜさん
No.1964  吉村星陽/seiyoさん

僕はその2つではビューティフルドリーマーの方が好きです。

>そんなわけで日常から内面を追いかけた、またラムちゃんという存在を忠実に再
>現したB・Dのほうが好きです!

僕もラムが日常にとけ込んでいるような話の方が気に入っているものは多いです。
それで、「うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー」も、よりいっそう、そういった日常の落ち着いた雰囲気のストーリーだということもあって、好きです。


No.1964 (98/9/30 23:01)
name:吉村星陽/seiyo
email:seiyo@d1.dion.ne.jp
URL:

RE:No.1963 ゆきかぜさん
O・YとB・Dのどちらが好きかと聞かれると困りますね。どちらも最高の出来だと思います。O・Yは宇宙へ飛び出しているし、B・Dはかなり内面を追いかけています。内面を内的宇宙としてとらえるなら、どちらも同じようなものになってしまいます。
でも僕はやはりB・Dを推します。なぜなら両作品を手がけた押井 守氏のある言葉が気にかかっているからです。それはサンデーグラフィック10(なぜかこれだけ持っている)の90ページに書かれていたコメントで
「ラムちゃんは宇宙人なのだけれど、宇宙にいるよりも、建売住宅のお茶の間であたると一緒にご飯を食べてるからこそラムなのだ」という言葉でした。
なるほど、ラムちゃんはただ宇宙人なのではなく、宇宙人なのに座敷でお茶を飲んでいるというアンバランスが本当のラムちゃんを形成しているのだなあと思いました。
そんなわけで日常から内面を追いかけた、またラムちゃんという存在を忠実に再現したB・Dのほうが好きです!
あと、個人的に星 勝さんも好きです。


No.1963 (98/9/30 19:52)
name:ゆきかぜ
email:dora@ipc.hiroshima-u.ac.jp
URL:

お久しぶりですー、ゆきかぜです!

グラフィック16・17が手に入りました。
当時の、熱き思いが、ひしひしと伝わってきました。
中を読んで・・・・
劇場版で好きなのはだいたい、オンリー・ユーか
ビューティフル・ドリーマーに分かれてますね。
(監督がどーとか言う話は好きじゃ無いのでパスしました)

浜茶屋に来られてる皆さんは、どちらですか?

私は見れば見るほど味が出るB・Dが好きです。
私は大学生の時代に、ボランティアで子供向けキャンプを計画、
実行をしたことがあります。
その時の準備期間が妙に重なってしまって。
計画の遅れによる混乱、みんなで泊まり込み、買い出し、
やけくそでカラオケや焼き肉を食べにいったりしました。
とても楽しかったです。そして終わった後はそれらが夢のようでした。
・・・というふうに、オーバーラップしてしまって(^_^)

もちろん、もっともうる星らしいO・Yも好きです。

ではでは。


No.1962 (98/9/30 17:53)
name:陰丸
email:
URL:

うる星やつらが連載していた頃とは、
どんな時代だったのでしょう・・・
学生紛争が幕を閉じて久しく、根性漫画主流から、
恋愛、ギャグ漫画への緩やかな転換期であったのかなと、
わたくしは勝手ながら考えておるのですが・・・
漫画家は常に学生時代強く印象に残った思い出を
絵に託そうとするものですが、高橋氏の学生時代は、
ラム系だったのでしょうか、それともしのぶ系
だったのでしょうか・・・
お気に召さない表現がありましたら、深くお詫び
申し上げます・・・


No.1961 (98/9/30 15:16)
name:こゆき
email:
URL:

*あらっとサン*
はじめまして。サクラさん、いつもイイ味出してますよね。
なんか男らしいところもあるけど(話し方とか)、でも結構シャイで
いいキャラクターだと思っています。

*ろっぢさん*
そうですね、「君まてども」のラブレターの件はギャグとして
とらえればいいんですね。そうしてくれることがきっと作者の狙いなんだろうな。


No.1960 (98/9/30 06:24)
name:S.H
email:shinsaku@ylw.mmtr.or.jp
URL:

No.1953   こゆきさんの文章

>トコロデ、2巻の「系図」であたるの子(諸星こける)にはツノがなく
>ラムが自分とあたるの子ではないと落ち込んで、結局母親はしのぶだったという
>ことから・・・やっぱり将来、あたるはしのぶと結婚するのカナ?

僕もここの伝言板のNo.740で同じような質問をさせていただきました。
これについては、No.747でろっぢさんがお答えになってくれています。


No.1959 (98/9/30 05:42)
name:S.H
email:shinsaku@ylw.mmtr.or.jp
URL:

No.1954   ろっぢさんの文章

>「君まてども」のラブレターの件ですが、深い意味などありません。
>まったく無関係な内容が書いてあること自体がギャグ(というか作者の遊びか
>な)なのです(^^;

>殆どの人が、手紙の内容までは注意して読まず「ああ、なんか書いてあるんだ
>な」
>程度にしか認識しないので、作者が遊んでいるのです。「気がついた人は読んで
>ね」って感じで・・・

あの手紙は、白井コースケが書いた、ではなく作者が考えて書いた、と現実的に受け止めると、あの部分はそうなりますね。


No.1958 (98/9/29 16:59)
name:二代目メガネ
email:
URL:

 NO.1956・わあ☆くすさん
ああっ、なるほど、「B・T」というのがそれですね。いや〜
どうもわざわざありがとうございます。それから、はじめまして!
(でしたよね?)このなかで私はおそらく1・2を争う知識の少なさ
と思いますが、うる星にかける情熱はだれにもひけをとらない
つもりです。 今後ともよろしく!


No.1957 (98/9/28 23:36)
name:あらっと
email:oyuki@sam.hi-ho.ne.jp
URL:http://wwws.sannet.ne.jp/userpage/aratto/index.html

#1950 こゆきさん、はじめまして
バレンタインを知らないサクラさんも好きです(^^;
実は、サクラさんの持っている「チョコ」に気づいたのは最近だったりして・・・(^^;;


No.1956 (98/9/28 19:22)
name:わあ☆くす
email:katsumit@silver.ocn.ne.jp
URL:

 No.1955・二代目メガネさん、
「ビッグトゥデイ」なる番組で、平野 文さんを2〜3度目にした事があります。
さすが魚河岸の女将さんだけあって季節の魚介類のリポートをなさってました。
この番組は、月〜金の2:00〜3:50に放送しています。
こちらは、フジテレビ系列(こちらでは、関西テレビ8ch)でになると思います
ただ、何曜日かは覚えていません^^;。今度!見れたときには確認しておきます
中途半端でスミマセンでした。


No.1955 (98/9/28 17:33)
name:二代目メガネ
email:
URL:

ど〜も。最近留守にしていたといえばあまりにも長くキーボード
に触れていませんでしたが、ごぶさたです。
ええっとここで我々うる星ファン必見のじゅ〜だい報告です。
9月28日付けの朝日新聞(朝刊)10面に平野文さんが、声優・
随筆家として取り上げられていました。ところで、その記事に
よると、文さんは「ビッグトゥデイ」(CX)という番組のレギュラー
をなさっているそうですが、この番組はいつのどこのものなので
しょうか?誰かぁ〜、求ム情報!


No.1954 (98/9/28 16:38)
name:ろっぢ
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:

#1947 S.Hさん、#1953 こゆきさん

「君まてども」のラブレターの件ですが、深い意味などありません。
まったく無関係な内容が書いてあること自体がギャグ(というか作者の遊びかな)なのです(^^;

殆どの人が、手紙の内容までは注意して読まず「ああ、なんか書いてあるんだな」
程度にしか認識しないので、作者が遊んでいるのです。「気がついた人は読んでね」って感じで・・・
高田裕三氏の「3×3EYES」に出てくる英語の手紙なども、よく見ると英語ではなく
ローマ字で全然関係の無いことが書かれています(^^;<作者の近況とかね

ということで、この種の遊びは、内容が分かれば「ハハハ」と笑い飛ばし、分からなければ
「をいをい、全然違うことが書いてあるぢゃねーか(汗」と読み飛ばしましょう。
(前にも書きましたが時事ネタは当時の人しか楽しめませんし、悩むほどの事ではありませんよ(^^; )


No.1953 (98/9/28 12:31)
name:こゆき
email:
URL:

こんにちは、こゆきです。
ろっぢさんがおっしゃる通り、「最後のデート」の最後のページにある
あたるの顔を無言で見つめている表情がなんとも言えません・・・(涙)
あの編はあたるもイイ役してましたし。でもあたるってホントはチョット
モテるんじゃありません?だって、最初は(1巻や2巻では)しのぶと付き合ってた
ようですし、ラムに好かれて、「最後のデート」に出てきた望ちゃんに片思い
されてたんだから・・・。
それからつばめさん、もっとしかっりしてくれるといいのに。。結婚してもつばめの方が絶対にヘコヘコしてると思います。(あーぁ、カッコイイ人なんだけどなぁ)

*S.Hさん*
私も「君まてども」でのあたるが受け取ったラブレターにある
途中からの意味不明の文章は気になります。全然わかんない・・
別に深い意味はないのかも・・でも、やっぱりわかんないですよね。

トコロデ、2巻の「系図」であたるの子(諸星こける)にはツノがなく
ラムが自分とあたるの子ではないと落ち込んで、結局母親はしのぶだったということから・・・やっぱり将来、あたるはしのぶと結婚するのカナ?
ラムとしのぶの結婚相手を「らぶらぶキャッチボール」で見てみたいものです。
              ↑12巻「テンからの贈り物!!」に出てきます


No.1952 (98/9/28 00:04)
name:吉村星陽/seiyo
email:seiyo@d1.dion.ne.jp
URL:

No.1948 S.Hさん、ご返事ありがとうございました。
はじめまして、吉村星陽です。年は同じでもうる星やつらについては僕のほうがまだ年月が浅いと思いますのでこれからどうぞよろしくお願いします。僕も誕生日が3月のためアニメが始まった時は生まれていませんでした。
ノスタルジーについてですが、いわゆる郷愁ってやつですね。限りなく青い空は人々の郷愁を映し出す鏡・・・・ってのはいいとして、僕も感じますね。何と言うか、懐かしさみたいな記憶のぬるま湯に浸るみたいなものを。
親の話によると僕はうる星やつらを見ていたらしいけど、記憶には全くありません。でも、幼い頃の体験は潜在意識みたいなものに影響しているのでしょう。当時のうる星やつらの人気は凄かったと聞きます。たとえアニメを見ていなかったとしても何らかの形でS.Hさんもその世界を触れたはず。それが今、僕たち10代の心に「不思議な懐かしさ」としてこだましているのだと思います。


No.1951 (98/9/27 23:03)
name:ろっぢ%管理人
email:UruseiYatsura@roddi.mls.ad.jp
URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/ja2/roddi/page/toukou/

#1950 こゆきさん

はじめまして、ようこそ! (^-^)/
先日は文章を投稿していただき、ありがとうございました。
「最後のデート」は、かなり人気がある作品ですね(^^) <文章投稿 No.34 参照
最後のページの、あたるの顔を無言でみつめているシーンが、
凄く気持ちが伝わってくるような感じがします。
結局あたるは「好きだ!」と言わないまま終わりましたが、
「いまわの際に言ってやる。」と言ってましたから・・・<いや、言わなそうだな(笑)
将来2人は結ばれると思いますよ(^^)
因幡くんの話しの結婚式のシーンが実現すると良いですね!

サクラさんは・・・ 容姿、食欲、パワー、全てにおいてGOODですね(笑)
ミス友引コンテストでは、見事に魅力を出し切ってくれましたね(^^;;;
サクラさんとつばめの将来・・・
・・・想像したら、結婚してもつばめがヘコヘコしている所が浮かんできました(^^;

今後もよろしくね!(⌒∇⌒)♪

話しは変わって・・・
完結編はいいですよね! あの作品は特別な存在です・・・
と、いうところで、完結編好きな方に大歓喜的良い話し。

〜お知らせ〜

投稿コーナーに、メリーさんのイラストを掲載させていただきました。
「ボーイ ミーツ ガール」ラストの感動的な名場面です!
みなさん、是非見てくださいね! (^-^)/

投稿コーナーは上記URLから行けます (^-^)/


No.1950 (98/9/27 16:39)
name:こゆき
email:
URL:

☆はじめまして☆
私も「うる星やつら」が大スキですー!!
このページをみつけることができて本当にヨカッタ!
 >あらっとサン
はじめまして。完結編、いいですよねぇ〜。私もウルッときてしまいました。。
ラムちゃん、なんて一途なの!?
完結編はすっごくお気に入りなのでビデオ持ってます。

それにしても私はサクラが結構好き。あれだけの美人であの言葉遣い、なんか
GOODです(笑)。          ↑チェリーの姪とは思えない・・・
そしてバレンタインデーというものを知らないっていうところも。
果たしてつばめサンと幸せになれたのだろうか・・・

ではでは、また来ます。


[←No.1900〜1949] [No.1950〜1999] [No.1950〜1999→]

伝言板の設定変更
今後は一度に 発言づつ

[このページの先頭]

T-Note Ver.2.00 (c)Takahiro Nishida