うる星やつら伝言板

新規トピック作成〕〔トピック一覧〕〔トピック一覧(番号順)〕〔留意事項(必ずお読みください)〕〔終了
i-mode,PDA:〔新着順〕〔トピック順

うる星やつらについて、深く掘り下げて議論などを行う伝言板です。
深く、熱く語りたい場合などにご利用ください。
単なる質問や挨拶などのトピックを作成するのはご遠慮ください。(削除対象となります)

「完結篇」について
No.100-TOPIC - 2002/09/25 (水) 22:20:37 - 繁ファン
「ビューティフル・ドリーマー」や「リメンバーマイラブ」、「ラム・ザ・フォーエバー」などのトピックはあるのに他の3作品はどうした?
ということでノリでトピックを作りました。
この作品はマジ感動!今日久しぶりに見ましたが、何回見ても泣けますね。
原作に忠実、それでいてラストシーンは原作の物足りなさを十分に補って、感動を深めています。正直原作は泣けなかったです。残りページ少なくて。
なぜいいかって、多分あたるのラムへの想いが一番伝わってくるからでしょうね。かっこいいです。
しかし、不満がないわけでもないです。それは、ラム親衛隊の4人の出番があまりにも少なかったこと。まともに台詞があるのはメガネくらいですからね。
あと記憶喪失装置を停止させるために出てきたロボット(名前忘れました)ですね。
この作品の感動は勿論のこと、原作との比較や、不満だった点など、皆さんの意見を聞かせてください。
 
- このトピックにメッセージを投稿する -


14件 ( 1 〜 14 )  前 | 次  1/ 1. /1


この原作最終回には、どんなオリジナりティーでも勝てない 引用
No.100-14 - 2016/05/23 (月) 05:11:23 - ローラ‐レイ ID:sXSCXhXM
企画・プロデューサーだった、故・落合氏が遺した
僕のプロデューサー(秘)かけだし日記に書かれている事
やら、うる星やつら完結編について色々な媒体にこたえられていることが全て

ツノの行方の意味するもの 引用
No.100-13 - 2015/12/02 (水) 13:32:36 - 七緒双葉 ID:zSyWberM
初めまして。
最近になって、うる星やつら熱がぶり返した七緒という者です。
本放送をリアルタイムで視聴、漫画も全て読み90年代終わりにBDを観てからずっと観ていなかったので、これを機に映画を全部視聴しました。(TVシリーズは現在観ています。)

完結篇のツノを落とすシーン、漫画と映画では拾うか拾わないかで違いますね。
そこで僕が感じたのは二点、一つは「間」を表現したかったのではないかと思います。
完結篇ではあたるが落としたツノがゆっくり宙を舞い、それを見たラムは今までの思い出を回想します。
原作では回想はありませんでした。
回想の後、あたるの胸に飛び込んで行くところがスピーディに展開します。
その静から動の流れの中に、ツノを拾う動作やカットを入れると間やテンポが途切れてしまう、と判断されたのではないでしょうか。

もう一つは「あたるの疲労感」。
原作では最後まで走っていますが、完結篇ではいつ倒れてもおかしく無いくらい疲弊しています。
その状況で、ツノを拾いに行く余裕は無かったのでは無いかと思います。
その二つを総合して、ツノを拾う場面をカットしたのでは無いかなと思っています。

しかしあれだけ疲弊していたのに、その後皆に追いかけられて全力で逃げるあたるを見るとやはり化け物だ〜と思ってしまいます(^^;;
それかラムちゃんがあたるの元に帰って来て、いつもの調子が戻ったのかも知れませんねw

ツノの行方の意味するもの 引用
No.100-12 - 2015/06/06 (土) 16:29:07 - コリエル ID:1mwzxKaI
モーニングスケッチさん
5年も前の投稿にレスつけて頂きありがとうございます。

>友引高校の屋根は尖っているので、ツノを落としても落ちていって拾うことができなかった。
状況の「説明」としては確かにその通りだとおもいます。

ですが、私が知りたいのは何を表現したくて、「ツノを拾わない描写」を選んのかという点です。
文芸/映像作品では、作者は何かの意図をもって描写をしている、と考えています。
アニメの場合は、全ての映像が人の手で作成されているのですから尚更です。
No.148-30で書きましたが、完結篇はBGをほぼ忠実にアニメ化した上で、ラストシーンを変える
ことで全く違う主題を描いています。
ラストシーンの違い
BG)
・鬼ごっこのゴールから幾ばくか経過した後
・真っ白な背景に二人だけ
・読者を背に走り去っていく
完結篇)
・鬼ごっこのゴールの直後
・レギュラーメンバーに囲まれて(追いかけラテ)
・視聴者に向かって走って来る
この描写の違いにより、BGはうる星やつらからの「別れ」を完結篇はうる星やつらからへの「回帰」
を表現していると考えられます。

この点から考えて、重要アイテムのツノを「拾う」「拾わない」の描写の違いにも、何か意味が
あるのだろうと思っている次第です。しかし、残念ながら私には真意が分かりません。
単に尺の問題だった。「拾わない」ことに意味はない。というのが答えかもしれません。
本当の所は監督に聞と分からないところですが、考えさせられるシーンです。

ツノの行方について考えてみました。 引用
No.100-11 - 2015/06/02 (火) 13:14:17 - モーニングスケッチ ID:iKeikvI2
このトピックを見て、コリエルさんの着眼点にはいつも感心させられています。なるほど、確かに原作ではあたるは落としたツノをすぐに拾っていましたが、劇場版はツノは拾うことなく落ちていっていました。

なぜツノを拾わなかったのか、私なりに考えてみました。単に最後の舞台が友引高校の屋根だったから、というのはどうでしょうか。アニメの友引高校の屋根は尖っているので、ツノを落としても落ちていって拾うことができなかった。

また、原作ではあたるがツノを落とした時、ラムは空中からそれを見ていました。でも劇場版ではあたるとラムは同じ高さの位置でした。あたるにとっては、同じ高さにいるラムの存在がわずか数メートルの距離に感じられた。だからツノを落として拾うことよりも、一刻も先にラムの元へ駆け付けたかったというのはどうでしょう。

ビューティルドリーマーやリメンバーマイラブの最後の場面は友引高校でした。アニメでは友引高校のシーンは原作以上に重要な地位を占めていたと思っています。だから劇場版の最後のシーンも友引高校にしたかった。友引高校にするなら、運動場よりは屋根のほうがいいだろうということになったのだと思います。

きっとあたるはあの後こっそり友引高校に戻ってきてツノを回収したと思います。

ツノの行方 引用
No.100-10 - 2010/10/07 (木) 23:30:51 - コリエル ID:l.OhplH.
「完結編」は原作「ボーイ ミーツ ガール(以下BG)」をほぼ忠実にアニメ化した上に、サクラから弁天たちへの別れの言葉、
ラムとあたるの回想など、BGでは描かれなかったシーンを補って感動的な映画に仕上がっています。
絵も原作に近かったし、音楽も良かった。うる星やつらの映画では最高傑作ではないでしょうか。
(ビューティフル ドリーマーは押井印うる星やつらという意味で傑作ではありますが・・・)

さて、その完結編なのですが、私には一カ所だけどうしても分からないシーンがあるのです。
尚、以下は自分の不明を嘆いているのであって、映画の欠点を指摘しているわけではありません。
BGと完結編の結末の差も主題の違いと納得していますので、完結編を悪く言う意思はありません。
くれぐれも誤解なきよう。

で、そのシーンですが。
鬼ごっこのクライマックス、あたるは持っていたラムのツノを落とします。それを見てラムはあたるの本心を知るのですが、問題はこの後。
BGではあたるはすぐにツノを拾いあげますが、完結編ではツノは宙を舞ってあたるの手に戻ることはありません。
この演出がわからない。
ラムの抜け落ちたツノは色々なことを象徴していると思うのです。
・第1話であたるがラムのツノを掴んだことから、うる星やつらの物語が始まった。そのツノが抜けたのでうる星やつらの物語(記憶)が
 宙ブラリンの状態にある。
・あたるがそのツノを持っているということが、あたるの本心がうる星やつらの記憶を守る側、引いてはラムを大切に思っていることを表している。
こう考えると抜けたツノはあたると共にラムのもとに還るのが自然だと思うのです。にもかかわらず、ツノは人知れず落ちてゆく。

無理に解釈すれば、
BG)あたるは抜けたツノに加えて新しいラムのツノに触れた 
= ゴールイン後のうる星やつらは今までのものとは別(+αだから)
= うる星やつらからの決別
完結編)あたるは抜けたツノに替えて新しいラムのツノに触れた 
= ゴールイン後のうる星やつらは今までのものと変わらない(プラスマイナス0だから)
= うる星やつらへの回帰
ということで主題を表現しているとも考えられます。
だとしても、ラムがあたるの本心を感じるきっかけとなったツノが無くなるというのはちょっと・・・

ツノが落ちていくシーンはスローモーションになっていますので、上映時間の制限とか、スピード感の保持とかの理由とも思えません。
そもそも、スローモーションにしているのだから何らかの意図があると思うのですが・・・
ツノにもスローモーションにも深い意味は無いと言われればそれまでですが、どなたかこのシーンの意味について分かる方、
返信をお願いします。

(無題) 引用
No.100-9 - 2010/07/27 (火) 13:40:21 - エンちゃん ID:aE6u1qtY
完結篇が、うる星の中で一番好きな映画です。
何回見ても泣けます。
忘れたくないのに意地を張って「好き」といえない。
も〜、そこだけでもうるうるくるのに、
「意地っ張り・・・」ラムちゃんのこの台詞で、号泣です。
今、書いてて泣いてますから。
主題歌も良かったです。
映画に合っていて。
この映画に、欠点は無いです。

(無題) 引用
No.100-8 - 2010/07/26 (月) 08:00:45 - クニ ID:/PaSLNx6
あたるの「忘れるもんかー」の叫びに涙が出ました。あえて好きだと言わなくてもあたるのラムへの想いがすべて伝わったと思います。

あたる以外のうる星やつらメンバーが最終日の大詰めにあたるを応援する姿にも感動しました。

うる星やつら感動を本当にありがとう!

完結編 引用
No.100-7 - 2010/07/25 (日) 18:40:26 - pu ID:jhy.iYYs
私は、完結編がすきです。たぶん友引高校を卒業したあたるは、幸せになるでしょう。

破戒僧 引用
No.100-6 - 2002/11/17 (日) 13:51:07 - ボーン ID:Nm4kMaeM
>No.100-4
>チェリーって実はとても冷たい人なんではないかと思いました。
別に冷たいって訳じゃないと思いますよ。原作なりアニメなり多少読んだり
見たりしてればなんとなく錯乱坊のキャラクターも解ると思うのですが、
たんさんは納得いかないようですね?(^_^;)

それなら仕方がない。超拡大解釈して「こだわりを捨て全て縁に委ねている」とでも思えばよろしいかと。
あたるとラムの問題に彼が首突っ込んでも仕方ないし。

>普段のときでも、チェリーの人間らしい感情を垣間見たことはあまり記憶
>にないので、
原作ではそうかもしれませんが、アニメの方では結構感情を出してますよ。
そういうの探すのも面白いかも知れませんね。(^^)

(無題) 引用
No.100-5 - 2002/10/29 (火) 19:59:57 - H゛ ID:eHzreDbU
>普段のときでも、チェリーの人間らしい感情を垣間見たことはあまり記憶にないので、せめてあの時くらいは感情を出してほしかった…
「無我の妙薬」の使いすぎじゃないですか?

チェリーって… 引用
No.100-4 - 2002/10/01 (火) 23:36:16 - たん ID:CayV9GEw
初投稿です。
物語はとても感動しました。最後は泣きながら見ていたのですが、少し気になったことが…
それは、ラム達の記憶がなくなるとわかった時のチェリーの反応です。
他のみんなが悲しんだりしているときに、一人だけいつもどうり食べ物に夢中でした。
最初からあたるやラム達に関わっているのに、なぜ平気でいられるのかと。
チェリーって実はとても冷たい人なんではないかと思いました。
普段のときでも、チェリーの人間らしい感情を垣間見たことはあまり記憶にないので、せめてあの時くらいは感情を出してほしかった…

(無題) 引用
No.100-3 - 2002/09/26 (木) 18:57:08 - じんじゃー ID:m/upG0x2
まぁ、メガネはあの話にはやはり必要ないのでは? 
確かにメガネの出番が少ないのは気がかりですが・・・
だいたい、メガネって普段もあまり出てこないし、監督も押井さんじゃないのでしょうがないでしょう。
まぁ、それに原作に忠実だから出るところがないですよね!
それと、面堂が原作よりかっこいい(役割が)のがよかったです。
余すところなく面堂家の財産とか施設軍隊とか使ってますよね。
極めつけはあのロボット!
面堂SXR7000タコだったっけ? 違ったらごめんなさい。ああいうの好きです。
それから、やはり、「忘れるもんか〜」 あの言葉もさることながら、あの時流れている過去の(映画用に作り直した)映像がよかったですね。
まぁ、言うことないです。
この映画最高です。

(無題) 引用
No.100-2 - 2002/09/26 (木) 00:54:26 - パトラ ID:fiCjOvrA
「忘れるもんか〜!」のシーンは、原作より感動しました<短くてごめんなさい>

「完結篇」について 引用
No.100-1 - 2002/09/25 (水) 22:20:37 - 繁ファン ID:88hPIKU6
「ビューティフル・ドリーマー」や「リメンバーマイラブ」、「ラム・ザ・フォーエバー」などのトピックはあるのに他の3作品はどうした?
ということでノリでトピックを作りました。
この作品はマジ感動!今日久しぶりに見ましたが、何回見ても泣けますね。
原作に忠実、それでいてラストシーンは原作の物足りなさを十分に補って、感動を深めています。正直原作は泣けなかったです。残りページ少なくて。
なぜいいかって、多分あたるのラムへの想いが一番伝わってくるからでしょうね。かっこいいです。
しかし、不満がないわけでもないです。それは、ラム親衛隊の4人の出番があまりにも少なかったこと。まともに台詞があるのはメガネくらいですからね。
あと記憶喪失装置を停止させるために出てきたロボット(名前忘れました)ですね。
この作品の感動は勿論のこと、原作との比較や、不満だった点など、皆さんの意見を聞かせてください。

14件 ( 1 〜 14 )  前 | 次  1/ 1. /1



チェックした記事を
     名前 
名前はコロコロ変えないようにしましょう
メール 
   タイトル 
本文に即したタイトルにしましょう。本文と無関係なタイトルはご遠慮ください。
本文      
意見を述べる場合は感情的にならず、「何故自分がそう思うのか」をしっかり書きましょう。
単に「好き」「嫌い」などのように、一言だけ書くというのはご遠慮ください。

暗証  個人情報を保存 
 

〔投稿にあたっての留意事項〕
  1. #{トピック番号(半角)}で当該トピックへリンクを設定できます。(例: #{10})
  2. 同じ内容のメッセージを複数のトピックに投稿すること(マルチポスト)はご遠慮ください。
  3. 半角カタカナ、機種依存文字(全角ローマ数字、○の中の数字等)は文字化けの原因となりますので使わないでください。
  4. 誹謗中傷、個人情報等のプライバシー・人権・知的所有権の侵害に結びつくメッセージは削除されます。
  5. トピック内での脱線は不可です。脱線するようであれば適切なトピックへ移動して下さい。
  6. 挨拶だけの投稿などはご遠慮ください。
  7. 単に「好き」「嫌い」のように感想だけを書くというのもご遠慮ください。必ず自分の意見を書くようにしてください。
  8. 意見を求める場合は、まず自分の意見を述べるようにしましょう。
  9. 投稿する前に、もういちど自分の書いたメッセージを読みなおしてみましょう。 感情的になっていませんか?
    話の筋は通っていますか?
  10. 引用の際は発言No.を書くなり発言者を書くなりして、何処からの引用かを明示しましょう。(引用の基本的なことです)
  11. 必ず「うる星やつら伝言板」についてをお読みください。