うる星やつら伝言板

新規トピック作成〕〔トピック一覧〕〔トピック一覧(番号順)〕〔留意事項(必ずお読みください)〕〔終了
i-mode,PDA:〔新着順〕〔トピック順

うる星やつらについて、深く掘り下げて議論などを行う伝言板です。
深く、熱く語りたい場合などにご利用ください。
単なる質問や挨拶などのトピックを作成するのはご遠慮ください。(削除対象となります)

伝言板の復旧が完了しました。 (2015/06/23 22:30)

うる星やつらに出会ったきっかけ
No.26-TOPIC - 2001/12/06 (木) 22:25:44 - 砂糖不使用
原作がスタートしてからかなり経ちますので、ここに来ている方の中には
リアルタイムで原作やTV放送を見てない方も多いと思います。
そこで、ここではそれぞれの色々あるであろううる星に出会った
きっかけ等を書いていただけたらと思っています。

私の場合はかなり特殊でして、幼稚園児時代にTV放送を見たのが
ファーストコンタクトで、当時は兄弟、両親に見たくてもなぜか
見せないように避けられていました。冷蔵庫から別世界へ行ったり
プールの微生物が巨大化したりする破天荒なストーリーに当時衝撃を受けた
事を覚えています。
それから小学校高学年になるまで興味は持たなかったのですが、とある日の
夜見た夢に、突然ラムちゃんが出てきたんです。記憶があいまいだったの
でしょう、なぜかブラはしていませんでしたが・・。
それがきっかけでレンタルビデオで見始めて、現在に至るんですが、皆さんは
どうですか?
 
- このトピックにメッセージを投稿する -


140件 ( 1 〜 20 )  前 |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. /7


(無題) 引用
No.26-140 - 2018/03/16 (金) 00:55:31 - そそ ID:VVBYuStI
わたしがうる星やつらを知ったきっかけは、多分小学校か保育園のときだったと思います。
うちにはうる星やつらのdvdがあって、多分父がうる星やつらが好きだったのでしょう。
私にとっては幼い頃なので初めてうる星やつらを見てどう感じたか全く覚えてないことが残念です。
ですが多分面白いと思ったに違いないでしょう。
今でもdvdでうる星やつらを見てます。漫画も買い始めました。

どうもヨノイです 引用
No.26-139 - 2017/10/14 (土) 23:20:28 - ヨノイ大尉 ID:jHdXjDLM
私は、高校生で栃木県に住んでますが、ローカルテレビ局のとちテレで、うる星やつらが再放送してあるのを偶然見ました。確か、喋るくちなしの花の話だったと思います。初めて見たときはもう普通のアニメとは違うと思いました。こうして毎日見続けて、無事最終回まで見れました。
最初はうる星やつらにあまりいい印象はありませんでした。なぜかと言うと、科学部部長だったからか地球の科学能力が宇宙人に負けていると言うのが、少し引っかかっていました。でも、いつからか、ファンになっていまして、うる星やつらの漫画を買うために、東京まで行ったりしてました。少し話がそれましたが、再放送を偶然見てファンになった。って感じです。チャンチャン

関係ありませんが 引用
No.26-138 - 2017/06/04 (日) 10:40:47 - りょーこ ID:6CfaR1Rc
3かんから読んだから面堂にズッキューンです。

(無題) 引用
No.26-137 - 2017/06/04 (日) 10:37:23 - りょーこ ID:6CfaR1Rc
棚にあったから読んだんです
りんねも好き(^_^)

けっこう最近 引用
No.26-136 - 2016/11/24 (木) 17:06:27 - ak ID:dVuiLixE
中3です。

3、4年前に父がコンビニコミックを買って来たんです。
それを見て面白いと思って、とゆーことです。
今では、らんまやRINNEなどの高橋留美子さんの他の作品も読んでいます(もちろんうる星も全巻)。
グッズ収集なんかにも小遣いを惜しみなく使うようになってしまって常に金欠…(もっとも、もともとそんなに無いんですが)
授業中に落書きなんかもするようになってしまいました。
学校にうる星を知ってる人があまりいないのでそれがいささか残念です。

けっこう最近 引用
No.26-135 - 2016/11/24 (木) 16:58:11 - ak ID:dVuiLixE

三十うん年前… 引用
No.26-134 - 2016/05/24 (火) 14:13:59 - papiko ID:Azw1fwMs
はじまりは、大学の研究室の仲間が「今度ぴえろが作ったアニメが始まる」と言っているのを聞いたこと。
それがきっかけで毎週欠かさず、とはいきませんが第1回の放送から見ていました。
翌年社会人になってからは見る機会がどんどん減り、後半はほとんど見ることができなかったような。放送終了後、たまに覗くビデオ屋で劇場版やOVAのLDを見つけると、懐かしくなり購入したりしましたが、プレーヤが不調になってからはそれも見ることもなくなり、20年近くうる星から遠ざかっていました。

普通ならそのまま遠い記憶になってしまうのでしょうが、今年の2月くらいに何故か原作から読みたくなり新装版を購入。現在読み込み3周目です。
最近はセル画にも手を出してしまい、もっと深みに嵌りそうで怖いですが、所帯持ちなのでガマンガマンの今日この頃でした。

無題 引用
No.26-133 - 2016/05/23 (月) 04:46:14 - ローラ‐レイ ID:sXSCXhXM
偶然、何気なしにオンリーユー映画見てから
原作本、アニメ、アニメ(フィルム)コミック、サンデーグラフィック

うる星やつらの出会いと存在の大きさ 引用
No.26-132 - 2015/12/04 (金) 13:11:49 - 七緒双葉 ID:SDUoq4Po
僕がこの作品と出会ったのは、兄と一緒に観たアニメ第1話です。
同時は小学一年だったので、原作は読んでいなかったと思います。
第一印象は「不思議だけど面白いな、ラムちゃん凄い格好だけど可愛いな。」でした。
それからは毎週夢中で視聴、原作も読めるようになったので、兄が集めていた単行本も読みました。(同時友達に、子供が出来たらあたると名付けるとまで話してました。現在子供はいますが、それはしませんでしたw)
月日は流れて、アニメが終了。同時期ファミコンブーム真っ盛りだった影響もあり、次第にそちらにのめり込んで行きました。
原作は最終回まで読みましたが、その時には絵を描く事に夢中になっていたりで、終了と共に完全に離れていました。
その後は色々な場所に置いてある単行本を、懐かしい気持ちで読んだり当時の知人が持っていたBDを観たりしましたが、再燃までは行かなかったです。
しかし、2001年くらいに絵が大スランプに陥り、何を描いても上手くいかず、筆を置く事になりました。これはトラウマにもなっていました。
それから14年。今年の9月終わり頃に不意に「うる星ってどんな話だったっけ?」と思い、wikiで概要を読みました。
その時に何か引っかかるモノを感じ、某動画サイトでラムちゃんだけを集めた動画を視聴しました。
その瞬間、当時小学生だった頃の自分の気持ちが一気にフラッシュバックして来たんです。
それと同時に、ある事を思い出しました。
それまで「あなたの初恋は?」と聞かれても、初恋の思い出がちっとも出てこず、自分はその思い出が無いと思っていました。
しかしあったんですね。そう、ラムちゃんに初恋をしていたんです。
その瞬間に「そうか、自分が描きたかったのはラムちゃんだったんだ!」と気付き、絵描き熱も再燃。トラウマなど無かったかの様にラムちゃんを描いてます。
しかもそれから判ったのですが、自分の好みは彼女に合致します。
自分の無意識下、気付かないところにずっといたんですね。
今はバラバラだったパズルがぴったりと合わさった様な、すっきりした気持ちでTV版を視聴しています。
本当にこんな事あるんだなーと言う気持ちと共に、人の無意識の力に驚いています。
最後に、「ますますラムちゃんとうる星やつらが好きになりました」という言葉と共に、この話を締めさせていただこうと思います。
ありがとうございました(*^^*)

乙女ばしか 引用
No.26-131 - 2014/08/29 (金) 03:33:40 - 等伯 ID:ET5zHH/E
私のうる星やつらとの出会いは、私が3、4才ぐらいの頃テレビでなぜかOVAの乙女ばしかの回を見た記憶が鮮明に残っています。だってねぇ。幼稚園はいりたての私にとってあの回はとても衝撃的でしたw とくにあの最後の4人(錯乱坊、校長、♨︎、藤波親父)のあの顔(目)で気絶するラムちゃんのところがものすごく印象的(?)。そして大きくなって自然にうる星やつらが好きになり、OVAをみて私は、私の初めてのうる星やつらとの再会をしたのです(笑)

アニメ第1話 引用
No.26-130 - 2014/06/23 (月) 01:04:47 - まつ ID:28rFp5HY
皆様こんばんは。はじめまして。今年に入って初めてこの伝言板の存在を知り、他スレには一度投稿させていただきましたが、今でもちょくちょく新しい投稿を目にするにつけ、改めてうる星やつらと、そのファンの方々の情熱のすごさを認識しています。

私がうる星やつらに出会ったきっかけは、1981年でした。当時小学生だった私は、いつものように家族とともに「アラレちゃん」を見ながら「食後の団らん」の時間を過ごしていました。アラレちゃんが終わり、つけっぱなしだったTVの画面が青背景になり、☆(星)マークからOP曲の「ラムのラブソング」が始まって、「何か新しいアニメ始まったな」と思いながら母親と一緒に見てました。ピンクの背景にビキニの女の子が踊っていてなんとも妖艶な印象を子供心に感じたのを今でもよく思い出せます。
その第1話で、あたる君がラムちゃんのブラをとった時の私と母親の間に流れた気まずさは、そのあとも尾を引くこととなりました。「また、女の子のハダカが見れるんじゃないか」と思いながら、水曜7:30にTVの前に陣取るマセガキと、何とか見せまいとする母。当時、抗議の電話や投書も結構あったみたいですから、ウチのような構図の家庭も多かったんじゃないでしょうか。
初めはそんな「不純な」動機で見始めた番組でしたが、回を追うごとにそこに描かれる世界や人物たちの魅力にすっかり取りつかれてしまい、限られた小遣いをやりくりしてコミックやグッズを買い、劇場版に足を運ぶようになりました。
TVアニメ打ち切りの頃に高校生になり、それ以来うる星やつらからずっと遠ざかっていましたが、昨年ふとしたきっかけで動画を目にし、それ以来、またハマっています。小学生の時に「憧れ」だった友引高校の生徒たちは、自分がオッサンになった今見ても、輝きを失っていません。それどころか、当時見えなかったいろんな場面での登場人物たちの「カワイさ」を見つけては仕事疲れを癒されています。
うる星やつらとの最初の出会いは甘酸っぱく、キュンとするものでしたが2度目の出会いは今でも日々の活力のもとになっています。正直、自分がこの歳になってアニメや漫画を楽しんでいることに驚きと戸惑いすら感じているのですが、これが原作者の高橋留美子さんと、押井守さん初めとするアニメ製作スタッフの皆さんのすごいところなのかな、と思う今日この頃です。

出会いは何気なく 引用
No.26-129 - 2014/06/22 (日) 17:48:12 - コリエル ID:DtUu82LQ
久々の投稿です
モーニングスケッチ様はじめまして

「うる星やつらに出会ったきっかけ」というお題なので、私の「うる星やつら」とのなれ初めを書かせてもらいます。
私が「うる星やつら」に出会ったのは、まだ学生の頃です。(年がバレるので詳しくは書きませんが)
少年サンデーに掲載された「うる星やつら」が初見でした。
当時、高橋先生が大学生だったため週刊連載ではなく、何週か掲載しては休みの形でした。
ご存知のように、ラムは第一話に登場後、第二話はお休みで、第三話で再登場します。
最初のヒロインは、三宅しのぶでラムはゲストキャラでしかありませんでした。
なので、ラムへの思い入れも強くはなく、「うる星」自体も「ちょっと面白い漫画」程度の認識でした。

私の中で「うる星」が大化けしたのは「君まてども・・・(コミックス3巻9話)」からです。
それまでの、「ちょっと面白い漫画」が「ラブコメ」に変わった瞬間でした。
確か、この回を読んでからコミックスを買い始めたように覚えています。

そして、コミックスを改めて読み返して、「ツノる思いが地獄をまねく(コミックス3巻8話)」が
「君待てども」の伏線になっていることに気が付きます。(※1)
ああ、なんて奥の深い漫画だろう。私はこれで「うる星」に嵌ってしまいました。
それから三十数年、まだ私の中で生き続けている思いで深い漫画です。

※1:伝言板No.127(原作「うる星やつら」、みなさんが選ぶNo.1は何ですか?)の -19
ツノる思いが「君待てども」を招く
詳しく書いてあります。

テレビアニメです 引用
No.26-128 - 2014/06/21 (土) 18:16:48 - モーニングスケッチ ID:rS6c6u3U
30年以上も前、私が小学生のときの友達がうる星やつらのテレビを見ていると聞いて、なにげに見てみたら、1回見ただけで、はまっちゃいました。ちょうど、女性や女性の裸を意識しだす年齢のときに見たラムちゃんは私に取ってとても衝撃的でした。だって、いっつもビキニでほとんど裸なんですもの。

だからといって、嫌らしさの象徴として見ていたのではありません。女性の体の美しさ、憧れ、性格のかわいさ、など一挙に教えてくれました(大人になって、よくよくラムを分析すると、多少わがまま、他人の事を考えない、がちゃがちゃしている、喜怒哀楽が激しい、など、生身の女性っぽい面もあることがわかって、更に好きになりましたが当時はそこまではわからずでした)。

エンディングの「宇宙は大変だ」で踊っているラムちゃんがかわいくて仕方がなかったです。すぐに単行本を買って、LPも買って、アニメショップにも行ってグッズを買ったり、ファンクラブまで入会しました。あれから30年以上経った今もラムちゃんが好きですね、いや、当時よりもっと大好きになっています。

高橋留美子さんに、ラムを生み出してくれてありがとうと心から言いたいです。

(無題) 引用
No.26-127 - 2013/08/23 (金) 18:28:31 - ソラ ID:OGUqlDZk
自分いま高校生3年になりますが、出会ったのは今年の夏です。
高校野球の応援に行った際、相手高校の吹奏楽部が私曰く「なんか聞いたことある曲」を応援の替え歌として演奏していました。

それでその歌のフレーズを覚え、母親の前で歌って何て名前の曲なのか聞いてみたらうる星やつらの「ラムのラブソング」だった訳なんです笑

前々からラムちゃんの存在自体は知っていました。
(たまに番組なんかで見る虎柄水着の女の子程度でしたが…)

知ったばかりの段階では「うるほしやつら」と読んでしまっていたので(恥
そしてそこからかなりハマってしまい、YouTubeでアニメ全話、映画全作、OVA全作を見終え、漫画も欲しくて先日新装板を全巻買いました。

ラムちゃんのいつも怒ってばかりだけどたまに見せる女の子らしい しおらしさや あたるの本当はラムちゃんの事を誰よりも大切に思っているのが見ててとっても暖かくなります(^ ^)

でもやはり自分の世代では知ってる人が少ないので語れる人が周りにいないのは寂しいですね…(´・_・`)

(無題) 引用
No.26-126 - 2010/07/27 (火) 17:37:31 - あーすけ ID:PvG/cGIg
めぞん一刻からです!
五代くんとあたるは、正反対の二人ですよねー

(無題) 引用
No.26-125 - 2010/07/27 (火) 13:30:59 - エンちゃん ID:aE6u1qtY
私は、おばあちゃん家で、うる星やつらに出会いました。
おばあちゃん家には何もなく、漫画だけがズラァーーっとありました。
暇だったので、なんとなくうる星やつらを手に取り、読んでみると・・・
はまっちゃいました。
うる星やつらと、それを描いた高橋留美子先生、それを読んでいた叔父さんに感謝です!

偶然にも 引用
No.26-124 - 2010/07/26 (月) 10:58:39 - クニ ID:/PaSLNx6
私がうる星やつらに出会ったきっかけは、小学生当時に通っていた床屋の待合所に週刊少年サンデーが置いてあり、その時たまたま読んだのが原作の新連載第1話だったのです。

小学生ながら一風変わった漫画のタイトルとトラ柄の水着を着た鬼の女の子が宇宙人で、それを普通の高校生が鬼ごっこして地球の運命を決めるという破天荒なストーリーとあくの強いキャラの絵に深い印象を抱いたものでした・・・。

それから数年でしょうか、年が流れ(まだ小学生だった)たまたま水曜日にテレビを見ていたら、見覚えのあるトラ柄の水着を着た鬼の女の子が動いているではないか!! 

そうです、あの記憶の奥底に強烈な印象を残したラムだったのです。
しかも偶然にもTVシリーズ第1話だったのです!(なんとラッキーな)

それからというもの、私の青春時代はうる星やつらと共にあったと言っても過言ではありません。

アニメも映画も原作も終了してしまいましたが、人生半ばを迎える歳になった今でもわが子と一緒にアニメ再放送や映画のビデオなどを見てかつての楽しく懐かしい日々を思い出しております。

私にとってのうる星やつらは青春そのものであり、永久に不滅です!

(長々と綴り、話が若干ずれてしまってすみませんでした。)

小学校6年の時 引用
No.26-123 - 2007/11/25 (日) 04:01:53 - ファン歴27年 ID:mPRLKkO2
うる星やつらに出会ったのは小6の時、友達から単行本を1〜10巻を借りた時からですね。
その前に小4だったかな?サンデーで一回だけラムのお見合いの回を見てたんですが、妙に頭から離れない漫画だったのは覚えています。
友達から借りて読んでるとその話が単行本にあったので、あぁ、この漫画だったのかと一発でファンになりましたね。
それから1巻〜10巻を買って、11巻〜34巻まで初版で買い揃えました。
アニメはOPの「ラムのラブソング」がすごく恥かしかった記憶がありますね。原作から入ったのであのアニメの乗りはちょっと気に食わなかったです。でも水曜の7時半には必ずTV前にいましたけどw
原作で好きな回は、ラムが梅干を食べて酔っ払う回ですね。
話としてはなんて事はないけど、ラムが制服を脱ぎだすあのシーンが衝撃的でしたw今みたらなんて事ないんですけどね。
うる星に出会って留美子信者になって、犬夜叉の最新刊まで発行した留美子作品はすべて初版で買ってます。
今後、高橋留美子先生には、うる星やつらのようなラブコメやスクラップギャグのような作品をまた連載して欲しいなぁと期待しています。

アニメ予告で 引用
No.26-122 - 2007/11/21 (水) 19:07:40 - 羽純 ID:XdTs.t9w
ファーストインパクトは最悪でした。
ラムちゃんのビキニが外れるシーンで、
「なんちゅー破廉恥なアニメだ!」と子供ながらに憤慨したのを今も覚えています。ちなみに、当時好きだったアニメはドラえもんでした。
実際観てみたら、別にHな内容ではなくて読みやすく面白かったんで、コミックス(多分16館)を買って竜ちゃんにハマッていまに至ります。新装版の安野モヨコではありませんが、20年以上も読み続けている自分が怖いです。

平野文さんがきっかけです 引用
No.26-121 - 2007/11/20 (火) 00:42:04 - あおやん ID:W5c6PEoM
はじめまして。こんなサイトがあったんですね。

私がうる星をみるきっかけはラムの声を担当していた平野文さんの声をたまたま聞いたからです。当時私はラジオ少年で、テレビよりラジオを聴くことが多く、当時は確かNHK第1で夜8時頃に「芸能ダイアル」(題名不確定、途中からタイトルが変わった記憶も...)という番組で平野さんと近石真介さんの2人が出演の番組を毎日(毎週?)聞いていました。

当時私はうる星ファンと言う訳でもなかったのですが、何気なくうる星にチャンネルを合わせて見ていました。しばらく見ていて気づきました。「アッ!平野文だ」と。
エンディングで確かに平野文だと確認すると、来週も必ず見ようと思ったのが現在までのうる星ファンの始まりでした。

ちなみに始めてみた回は「空の上から金太郎」(あってるかな?)です。リアルタイムです。水曜7時30分からでした。

ちょっと自慢しちゃいますと、このころ我が家にビデオデッキがやってきました。当時ビデオを持っていた家庭はまだまだ少数派だったと思います(少なくとも自分の周りにはいなかった)。
それ以来TV放送が終了するまでの数年間、欠かさず録画をし続けて何度も繰り返し見ていたことを思い出しました。
尚、初めて録画していたのはクラマ姫の回からでした。

今もそのテープは実家の物置に保管してあると思いますが、きっとカビカビになってしまっているんだろうなあ。残念。

140件 ( 1 〜 20 )  前 |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. /7



チェックした記事を
     名前 
名前はコロコロ変えないようにしましょう
メール 
   タイトル 
本文に即したタイトルにしましょう。本文と無関係なタイトルはご遠慮ください。
本文      
意見を述べる場合は感情的にならず、「何故自分がそう思うのか」をしっかり書きましょう。
単に「好き」「嫌い」などのように、一言だけ書くというのはご遠慮ください。

暗証  個人情報を保存 
 

〔投稿にあたっての留意事項〕
  1. #{トピック番号(半角)}で当該トピックへリンクを設定できます。(例: #{10})
  2. 同じ内容のメッセージを複数のトピックに投稿すること(マルチポスト)はご遠慮ください。
  3. 半角カタカナ、機種依存文字(全角ローマ数字、○の中の数字等)は文字化けの原因となりますので使わないでください。
  4. 誹謗中傷、個人情報等のプライバシー・人権・知的所有権の侵害に結びつくメッセージは削除されます。
  5. トピック内での脱線は不可です。脱線するようであれば適切なトピックへ移動して下さい。
  6. 挨拶だけの投稿などはご遠慮ください。
  7. 単に「好き」「嫌い」のように感想だけを書くというのもご遠慮ください。必ず自分の意見を書くようにしてください。
  8. 意見を求める場合は、まず自分の意見を述べるようにしましょう。
  9. 投稿する前に、もういちど自分の書いたメッセージを読みなおしてみましょう。 感情的になっていませんか?
    話の筋は通っていますか?
  10. 引用の際は発言No.を書くなり発言者を書くなりして、何処からの引用かを明示しましょう。(引用の基本的なことです)
  11. 必ず「うる星やつら伝言板」についてをお読みください。