うる星やつら伝言板

新規トピック作成〕〔トピック一覧〕〔トピック一覧(番号順)〕〔留意事項(必ずお読みください)〕〔終了
i-mode,PDA:〔新着順〕〔トピック順

うる星やつらについて、深く掘り下げて議論などを行う伝言板です。
深く、熱く語りたい場合などにご利用ください。
単なる質問や挨拶などのトピックを作成するのはご遠慮ください。(削除対象となります)

「リメンバー マイ ラブ」について
No.5-TOPIC - 2001/05/05 (土) 04:12:14 - ネコこたつ
素人のねこたつが本来、トピックなんか作るべきではないのですが、これはまあ、
大好きな作品でもありますし、一応なんか言わせてもらいます。

この作品、大好きなんですが正直いって完成度、バランスは低いと思います。
なぜなら、最後の方があまりまとまってない感じがするからです。(あたるの
指に赤い糸がたくさんついてるとことか)
しかし、やはり全体的に見ると完結編なみにあたるとラムの思いが現れてるよう
ですし、ジーンとくる場面がたくさん。
なぜか、6作品中一番好きな作品なんです。私にとって。

変な文章ですみません。でも、素人なりに感じたことを一生懸命書いたつもりです。
みなさんのご意見を待ってます。
 
- このトピックにメッセージを投稿する -


55件 ( 1 〜 50 )  前 |  1/ 1. 2. /2


無題 引用
No.5-55 - 2016/05/23 (月) 05:25:15 - ローラ‐レイ ID:sXSCXhXM
押井映画版ビューティフルドリーマーに倣ってやまざきが自分の思いを込めて作った
ラム・ザ・フォーエバーは無理してつくった張り巡らせ過ぎた伏線回収しきれなくなったり、
肝心な部分や繋ぎめをバッサリバッサリ・・・カットしまくった(せざるをえなかった)結果、
押井映画版2と同様にやまざきかずお版らしいうる星やつら映画を作ろうと失敗して
結局、ナニを云いたかったのか?ナニを描きたかったのか?
見る方が理解しがたくワケのわからない作品に仕上がり
辻褄合わせのラストと共に駄作と呼ばれてしまう作品となった

ここのセリフとシーンの入れ替えがあればましだったかも 引用
No.5-54 - 2015/11/11 (水) 19:17:32 - モーニングスケッチ ID:ZhJfpsbE
以前も、私はリメンバーマイラブは納得いかない、許せないと書きましたが、もし、このセリフがこうだったらましかもと思ったので投稿します。

それは、ルウがラムに言うセリフ「人間に戻る頃はラムのこと無茶苦茶恨んでるだろうね」のところを「人間に戻る頃は、ラムのことすっかり忘れているだろうね、ぼくがそうさせたんだ」、とすればまだましかなと。

でも、メガネたちはラムのことを覚えているのでやっぱりまだおかしいですね。あたるが人間に戻る頃には登場人物全員がラムの存在を忘れるというほうが、やっぱり良かったと思います。メガネがラムの写真を焼くシーンとあたるがガールハントを始めるシーンが逆だったら、みんながある日を境(あたるが人間に戻る頃)にラムのことを完全に忘れたと、なんとか解釈できないこともなかったのに、と思います。

缶ジュースで手を切った時に、あたるだけがラムのことを思い出す。このとき、二人の愛の前に呪いが最初に敗れたときだと思うので、水晶玉にヒビが入る描写があったらいいなあと思います。悲しい空想ですけど。

以前の私の投稿では、あたるはラムのことは決して忘れてはいなくて、呪いを打ち破る怒りのパワーをラムから得るため、あえてラムの嫌がるガールハントを手当たり次第にやっていく案を話しましたが、こっちよりはやっぱり全員忘れるほうがいいのかなと思います。

私もラムがルウを追いかけるシーンは好きなんです。ラムが「もういい加減にするっちゃー」と言って電撃を放つラムの仕草が可愛いですよね。もう一捻りあれば、もっといい映画になったのにと思います。

(無題) 引用
No.5-53 - 2014/10/31 (金) 23:42:12 - 等伯 ID:4/0Rj05.
悪くはないと思うけど、許せない(というかおかしい)という描写があるのがいやです。
ラムとルウの追いかけっこ(?)はかなり良い仕上がりだとは思います。
しかしあたるがラムを忘れる、というのはいかがなものでしょうか。
自分はリアルタイムでみれなかった人間ですので、(とってもくやしい)本編を全部読んだ後に映画をみました。
最終話のボーイミーツガールで最後にあたるは、ラムのことを
「忘れるもんかぁーー!!」
と言いますが・・・思いっきり忘れてんじゃねぇか。と思いました。なんか、台無しです。
そして弁天達が地球から引き上げてしまうところ。これもどうかと・・・。
これもボーイミーツガールで弁天は、地球人を気に入っているといって、ラムが自分だけでなく弁天達の記憶までを消そうとしたことに怒りをあらわにしていました。
さすがに矛盾してるなーと思いました。
このへんは酷いですね。
そのへんがちょっと違っていたらよかったかなと思います。

あたるがラムをすぐに忘れたのが許せない 引用
No.5-52 - 2014/05/31 (土) 15:01:29 - モーニングスケッチ ID:c8hP9tgo
あたるはラムの事を好きなのは今までのテレビシリーズや原作などから明らか。それなのに、ラムがいなくなって、あたるがカバから人間に戻ったらすぐにガールハントをして、それを続けた事が納得できないです。それも、完全にラムの事を忘れていたような感じ(あたるが「なんで今頃になって思い出すんだ?」というセリフから推測すると)。

こんな薄情な事があってはならないと思っています。百歩譲って、呪いがあたるからラムの事を完全に忘れさせたと言うならば、メガネやしのぶたちもラムの事を忘れなければならないと思うんです。
メガネたちはラムが忘れられなくて苦悩しているシーンがあることから、メガネたちは忘れていないという事になります。ラムと一番接していて好きという感情も持っているあたるが完全に忘れているのにメガネたちが忘れていないというのはちゃんちゃらおかしい。呪いであたるがラムの記憶を奪っていたとしても、メガネたちは奪っていないのだから、なんぼでもあたるにラムの事を思い出させる事は可能ですよね、設定が間違っていると思います。

それに弁天たちも、ラムがいないからといってあっさり引き上げすぎでしょう。だって親友でしょ。親友なら何が何でもラムを取り戻すって思うべきじゃないでしょうか。

そこで、私的には後半はこのようにしてほしかったと思っています。

弁天たちは、地球人は足手まといだから、いったん引き上げてラムを取り戻す方法を考えるというスタンスでいったん地球を離れる。

あたるはあたるで、ラムがいないと動揺する事を最初から自分で理解をしていて、どうやってラムを取り戻すか考える。呪いが関わっている事は、今までの経緯から明らかなので、呪いに勝つ方法を考える。地球人は科学力も無いし、力も無いので、ラムのパワーを引き出すしかない。ラムが最も自分に対して感情をぶちまける時のパワーが呪いに打ち勝つ唯一の方法と思い込む(実際は唯一の方法でもないと思いますが、ストーリー的に)。

ラムの感情が高まり、怒りのパワーがみなぎるのは、あたるがガールハントをしている時であることをあたるは思い出す。「ラムがいないときにガールハントをするのは不本意ではないが、ガールハントをしまくろう、ラムはきっとどこかで見ているはずだ。それでラムのパワーが呪いを打ち破って、きっと俺を追いかけてくるようになるに違いない」とあたるは思う。だからガールハントばっかりするようになる。

でもいつまで経ってもラムが戻ってこないので、ガールハントもやる気をなくしてただ声をかけるだけとなり、最後に「どうして戻ってこないんだ、戻って俺を追いかけてくれよ、ラム」と言って泣き崩れる。そこにあたるの前にラーラが登場する。

弁天たちは、進んだ科学力を活かしてラムがどの結界にいるのかを突き止め、ラムのいる結界に行く方法が友引メルヘンランドであることもわかり、そこへ行くが、先にラーラとあたるたちがラムのいる結界へ行ってしまい通路が閉じてしまう。後は、映画の通り。

というストーリーならまだ納得できるのです。うる星やつらが好きなんで、いろいろ自分なりのストーリーを考えたりしています。

The Bottomline of UY 引用
No.5-51 - 2012/09/22 (土) 22:41:30 - バカルディ ID:aVR90fjU
この作品は赤い糸の伝説を使ってうる星やつらの結論を出していますね。
運命の赤い糸は左手の小指についているものです。つまり、あたるの右手についていた糸は彼の浮気性をあらわすものに過ぎず、ラムとあたるは結ばれる、というのがうる星やつらの結論です。
他の映画に比べて良くも悪くも軽い(?)感じの作品ですが、二人の愛をしっかりと描いたRMLはうる星にとってなくてはならないストーリーだといえます。
ルウの存在感があまりないのもかえって良かったと思います。もしルウがラムとあたるの子孫としてTVシリーズにも頻繁に出てきたらどうでしょうか? 愛に満ちた未来が決まっていることの幸福と決まっていないことのロマン、RMLはそのぎりぎりのバランスを表現しています。

劇場版オリジナルのNo.1 引用
No.5-50 - 2011/12/03 (土) 22:42:31 - コリエル ID:EsbzUxgo
うる星やつら3リメンバー マイ ラブ。うる星やつらの劇場版オリジナルアニメとしてはNo.1だと思っています。
原作のテーストを残しつつ、アニメならでは躍動感ある映像を配し、ラムとあたるのラブ話も盛り込んであり、とても楽しめる作品だと思います。

私は「ビューティフル・ドリーマー」についてのトピックで、BDを『押井(印)うる星やつらの傑作』と書きました。
一方で、こちらではRMLを劇場版オリジナルNo.1と書いている。傑作とNo.1と、何がどう違うんだというのを書いてみたいと思います。

BDは押井守監督が「うる星やつら」の違う可能性に挑戦して生まれた作品と考えています。挑戦といっても、無謀な賭けをした訳ではありません。
押井監督はTVアニメうる星やつらのディレクターを3年間勤めています。その中で、「そして誰もいなくなったっちゃ!?(1983/7/7)」や
「みじめ!愛とさすらいの母!?(1983/7/27)」等の野心的な作品を生み出している。また、オンリーユー(1983/2/13)でも監督を勤めていたわけで、
どの程度の先鋭さなら観客から受け入れられるのかは、ある程度把握していたと思います。その上での挑戦が「傑作」を生み出したのだと考えています。

一方のRML。序盤で「呪い」の存在と「赤い糸」伝説を披見し、あたるの変身・ラムの失踪に続いて、「うる星やつら」世界の喪失を描き。
そこから、「赤い糸」にからめて、ラムとあたるがお互いを救うために行動して、最後は目出度くハッピーエンド。
実にオーソドックスに予定調和の美を描いています。
BDが、未知の航路を開拓する冒険の船なら、RMLは景勝地を巡って回る遊覧船。ゆったりと、安心して見られる映画に仕上がっていると思います。
逆に、その点においてRMLはBDと比べて物足りないと感じる方もおられるようですが。

私は、上述の冒険の分がある点で、BDは「うる星やつら」そのものではないと感じています。そのため、どうしても「押井(印)の」の形容詞を付けずには
おられない。本当にアニメ史に残る傑作ではあるのですが。
そして、RMLの方はオンリーユー、ビューティフル・ドリーマーと来て、3作目にして一番バランスのとれた作品に仕上がっていると思う。
もし、「うる星やつら」が寅さん映画なみに製作され続けたとしたら、RMLはきっとその原点となる作品になっていた事でしょう。
本当に、リメンバー マイ ラブに続くかたちで、うる星やつら4、5・・・が作られていたらと良かったのにと思います。

あの看板は・・・ 引用
No.5-49 - 2005/03/06 (日) 15:36:22 - ブルー電機釜 ID:pc6DnTPw
質問なので、本当は海が好きの方に描くべきか迷ったのですが、一般的な質問でもないので(笑)
こちらに書きました。

ルウとラムの空中戦の途中で出てくる看板

絶賛上映中

「とどがつまった+1」

原作 尾私井 守

これ何かのパロディーなんでしょうか?分かる人います?

この看板に出てくる人物ってスタッフの方なんですかね?
「YAMA」と書かれた赤い帽子をかぶった人物は、山下将ニさん?
「尾私井 守」は誰が読んでも分かるとして、・・・あとは分からない。
マニアックな情報お願いします。

好き 引用
No.5-48 - 2004/05/27 (木) 22:22:58 - よしーま ID:G7dxj92E
シンプルなストーリー。それなのに二人のラブをしみじみと感じられる。
あっちこっちで書き込んでいますが、私は、同じ部屋に住んでいるあたるとラムの関係と、自分(=あたる)の部屋とTV番組(=ラム)の関係とを重ね合わせる世界観をもっているので、二人がデートしている
場面(ラムの回想シーン)はしみじみと味わえるのであります。
近頃私、このときのBGMをピアノで耳コピして弾きまくりです。

あたるの片手にいっぱいある赤い糸ですが、
あれは「ラムのラブソング」でしょう?
「♪男の人って、幾つも愛を持っているのね。」
それでラムが怒って電撃かまして「ダーリンのバカ」で終わり。
これこそ、この二人の基本ですな。明るく軽く、深い関係。
いい感じだと思います。
このシーンは「あたるVS面堂軍団」のラストシーンと相似。
あのときの面堂とルウは同じような意見を持っていました。
面堂に対してあたるが、ルウに対してラムが、
それぞれ相手のことを普段からどう思っているのか語ります。

いやーホント好きですこの映画。悩まなくてもいいし、最後はにぎやかで楽しい。

記憶というのは、普通、自然に消えたり、よみがえったりするものです。
仮に忘れたからといって、嫌いになったわけではないです。
私事で恐縮ですが、私はリアルタイム世代なのですが、最近までうる星やつらのことは殆ど意識していませんでした。当時はかなり好きだったのですが。忘れていました。(完結篇を観なかったので、たぶんそうなった)

なのに今になってうる星熱が再燃したのは、フルタ製菓の食玩をコンビニで見かけたのがきっかけ。
本当に偶然なんです。
RMLのあたるも、缶ジュースのタブで指を切ったという偶然がきっかけでラムを思い出したのでしょう?
だからこのあたるは今の自分じゃないか。ラム=作品世界と置き換えてみれば・・・(こればっか)
だから実感できるのです。この映画。

あたるがラムのことを忘れるのが許せん・・・という人は多い。
でも毎日会わなかったら、会話も交わさなかったら、普通忘れてしまうものでしょう?

ラム救出に成功したということは、
「ラムのことだけ考える」というあたるにしては大っっ変難しい芸当ができたということ。
有事の際には彼はそれだけのことを成し遂げるということだから、許してやりましょうよ・・・。

バカな意見を述べます 引用
No.5-47 - 2004/04/14 (水) 15:48:01 - ラグナロク ID:Uz.XtTDM
非常に個人的な意見をいいます
あたるがかばに変身して
『俺がカバになったからってバカにすんじゃね〜〜〜〜〜〜』
と言ってるシーンが見たかった 笑

すーむゆーさんへ 引用
No.5-46 - 2003/09/29 (月) 16:17:02 - 四谷裕作 ID:nSSUM7Bo
なるほどこれならあたるとラムが結婚する可能性が濃厚ですね。2ヶ月間抱き続けたもやもやが解けたように感じます、どうもありがとうございました。

赤い糸さらにつけくわえ。 引用
No.5-45 - 2003/09/29 (月) 00:23:49 - すーむゆー。 ID:mlsyO76g
>左手右手の違い
冒頭で、しのぶの科白として、「左手の小指」と語られてます。チビに、「右足の小指」と突っ込まれてますが。。

赤い糸もういっちょ 引用
No.5-44 - 2003/09/29 (月) 00:18:46 - すーむゆー。 ID:mlsyO76g
>ダーリン、うちは、なさけないっちゃ!
つまり、ダーリン、うちと結ばれて、子までなす運命があきらかになったのに、まだ他の子を追っかけようとしたの、往生際がわるい!!!ということですね(笑)。。

感想細目 引用
No.5-43 - 2003/09/29 (月) 00:09:03 - すーむゆー。 ID:mlsyO76g
他の方も書かれてますが、エピソードにBDを連想させるものが多いにも関わらず、筋立てがBDと全く異なるので、面くらいますね。後のLTFも同じく、BDの呪縛から逃れきれてない感があるのが惜しまれます。

>ルウ
軽くみられるのは、声優がもう一つだからのような気がしました(特に声質)。なお、あたるの血の有無ですが、ルウには鬼角が見られないため純粋な鬼族ではない、つまりラム以降に鬼族以外の血がまじることを暗示している、そして、
>赤い糸
実は、ラムからの糸は左手に、それ以外の糸は右手にからまっています。手が違うのです。だから、右手のたくさんのはあたるが勝手に掻き集めたもので、本当の運命はラムだけと繋がっている、よって、ルウはあたるの血も引いている、と間接表現にしたつもりかもしれんが、すべてが直接的だったBDの後では、「弱い!」といわれてもしかたないかも。すべてにおいてBDの風下におかれて損した作品かもしれません。
>ラーラはなぜあたるも先祖といわなかったか?
それはルウの関心がラムに集中していたから、それに抗する言葉としては、まず、ラムを強調した構文、「ラムはあなたの先祖」というのが自然ではないでしょうか。

どうでもいいけど 引用
No.5-42 - 2003/08/10 (日) 21:38:39 - ノーリーズン ID:ofqahtho
O島タヌキの声って純情キツネと同じなんですねえ。

(無題) 引用
No.5-41 - 2003/08/02 (土) 21:35:52 - ノーリーズン ID:yals8hxM
缶ジュースのプルタブで指を切るなんて今ではないことだなあ。

ラムがいなくなってあたるも弁天もあっさりしすぎてるんだよね。諦めがいいというか。
ラムがいないんなら地球には用なしって弁天が言ってたけど
完結編で「あたいは地球のやつら気に入ってるんだぜ」ってラムに言ったのはウソなのかよ。

未来は既定ではなく未定である。 引用
No.5-40 - 2003/07/31 (木) 18:03:22 - 大神 司狼 ID:7kAfSTYs
「うる星やつら」は何通りもの未来を描いて幕を閉じた。
過去は既に決まっていて変えられない。
未来は真っ白で今日からでも変えられる。
時間旅行を題材にした洋画での「君達の未来は白紙だ。」という旨の台詞が胸に響く。

(無題) 引用
No.5-39 - 2003/07/31 (木) 11:06:48 - 四谷裕作 ID:6PjWT05c
まずこの作品では、ラムがいないうる星ワールドがどれほどつまらないものか実感させられましたね。
あとこの作品についてちょっと疑問に思ったのですが、最後にルウの先祖がラムだと言っていたが、あたるについては何も触れていない。これってもしかしてラムはあたると結婚しないっていうことなのでしょうか。もし二人がちゃんと結婚しているなら、あたるもルウの先祖に当たるはず。でもそのことについて何も言っていないということは…。

なるほど 引用
No.5-38 - 2003/07/31 (木) 02:27:46 - 大和大納言秀長 ID:o/GRCqKY
>茶そば3号さん
情報ありがとう御座います。

紹介されていたホームページ見てきました。
こんな映画はっきり覚えていないのは当然だな(笑)。

しかし、なんちゅう設定なんだろう。
全然見る気がしない。

愛・旅立ち 引用
No.5-37 - 2003/07/30 (水) 20:13:36 - 茶そば3号 ID:aEkv81eA
>『愛・旅立ち』

これは、こんな感じだったそうです。
http://www.ne.jp/asahi/zukidon/haruka/eiga/aitabi.html

「ある愛の詩」と「ローマの休日」と「大霊界」が同時に楽しめる力作だそうなので、今から観てもお得のような気もしますが・・・(笑)。まあ、明菜ファン以外だとつまらないのでは?

と思ったら、こんなものを発見。見方を変えれば楽しめるかも。
http://www.so-net.ne.jp/toy/kawakita/profile.htm

う〜む 引用
No.5-36 - 2003/07/29 (火) 00:54:18 - 大和大納言秀長 ID:lpowYBRo
リメンバーマイラブに同時上映があったなど、全く覚えていませんでした。

>『愛・旅立ち』
と言う実写映画なんですね。
本当に全く持って覚えていません。どんな映画だったのだろう?

まぁ、本当はどうでも良いのですが!

歌詞が全部英語 引用
No.5-35 - 2003/05/30 (金) 20:53:02 - 大神 司狼 ID:V/5ouR5g
劇場版第3作はOPもEDも歌詞が全部英語だった。
同じ時期のテレビ版も歌詞に占める英語の割合が高かった。
海外へ吹き替え版を輸出し始めたのは、この時期(1985年)か?
知っている人は教えて欲しい。

それは 引用
No.5-34 - 2003/05/27 (火) 21:53:20 - 茶そば3号 ID:Gh565O9c
『愛・旅立ち』だっちゃ。

しかし・・・アダルトっぽい?????


http://www.asahi-net.or.jp/~ty5s-kmr/gd_mov.html

思い出せない 引用
No.5-33 - 2003/05/27 (火) 20:29:42 - なかわき ID:CpLdkwKA
リメンバーマイラブは幼稚園のころ映画館で見た記憶があります。
この映画は同時上映に何か映画があった。今みたいにアニメ2本だて
とかではなく実写映画だった。この映画が小さい僕にはすごく怖い話で
見ていられなかった。そしてうる星の番になったのだがパンフレットを
見たらこれがまた小さい僕には衝撃的であった。あたるがカバになり、
ラムがガラス越しにたたくシーンが連続絵コマになっていてこの絵が
同時上映の映画と重なり、怖くなってうる星もまともに見れなかった。
最近リメンバーマイラブを見て懐かしくもあり、この頃のことを思いだした
わけです。今見るとうる星も面白いのですが同時上映してた映画、分かる
人いますか?

少なくともLTFよりはマシだろう 引用
No.5-32 - 2003/03/13 (木) 20:08:37 - やぎやぎ ID:7Wzubzxg
LTFのトピの方にも書きましたが、この映画もやはりBDの雰囲気を
悪い意味で引きずっている感じです。

シナリオは、一見するとそれなりに組み立てられている様で、
じっくり見直すと色々と矛盾点が浮き彫りになりますね。
ルウのキャラの薄さ、あたるのキャラ描写、最後のオチ等。

ただ、LTFもリメンバーマイラブも、なんだかんだ言って
ラムが居ないと駄目なんだ、という点では共通しており、
両者のテーマも対して変わりません。その事を踏まえて考えると、
リメンバーマイラブの方がマシですね。

最悪だと思います 引用
No.5-31 - 2003/03/13 (木) 19:20:14 - DDDD ID:x7UvFW3Y
BDのぱくりだろ ありゃ。 最初の方に、BDのような、不思議なだけのことが、友引メルヘンランドにおきてるし。 未来のことだから、干渉できない、って夢オチより酷い。 赤い糸があたるにあれだけついてるんだから、ラムにもついてるとおもうし、新キャラがしつこいし、味がでてないし。 うる星やつらなんだから、もっと派手なところがあったほうがいいとおもいます。 だいたいラムもつのがぬけたわけでないんだから、ルウに脅迫するなりしてたほうが・・・ おとなしくつかまってるとこも幻滅ですね。 あとカバが醜い。

最高と最悪がまじった映画だったと思う 引用
No.5-30 - 2002/11/04 (月) 20:22:54 - key ID:hfKKIxiI
詳しくは、他トピック『うる星の中でも更に細かく区切るとすればみなさんは何派?』で

なんかなぁ〜 引用
No.5-29 - 2002/09/25 (水) 17:59:33 - じんじゃー ID:TrM49ZpA
私も繁ファンさん同様の意見なんですが・・・・
あの・・あたるがラムのことを忘れていたり、皆も忘れていく・・・この設定がなんか気に食わないんですよ! 特にあたるの態度ですね。 メガネなんかは非常に苦悩してるのにね〜? まぁ、その理由も水晶のせいとして一応はあたるの愛情不足などという表現のされ方は回避できるようになっていますが・・・・ 何か釈然としませんよね〜  あたるがラムのことを忘れている・・・理屈は十分理解できるが、なんかダメだ。
たしかに、いいシーンはいっぱいあります。 うる星好きにはたまらないシーンばかりでしょう。 でも、あの赤い糸のところ・・・ 残念ですね・・
あれもああなった訳とかは理解できるんですよ! まぁ、いろいろあるんだろうけど、恐らく あの映画が放映されてる頃は漫画、アニメ両方とも終わっておらず、あの映画でうる星の結果を出すわけにはいかなかったんでしょう。
まぁ、さすがにああいう結果的な部分は原作で描くべきですからね〜
でもそれなら、もっと他のやり方があったんじゃないかなって思いません? まぁ、あの題材は非常にいいものですが・・・
それと、あの終わり方・・・・ 不服ですね・・・
あの監督は、それまでの映画の押井守監督の終わり方とかぶるのが嫌で避けたのかもしれませんが・・・ それならもっといい終わり方があると思うし・・
まぁ、素人の戯言ですが・・
一番気に食わないのは、ラムがあまりにも救われていないことですね。

だめだぁ〜 引用
No.5-28 - 2002/09/24 (火) 23:03:48 - 繁ファン ID:PAg5iFiU
この作品が好きな人には申し訳ありませんが、僕はどうしてもこの作品が好きになれない。
確かにラムの想いはとても伝わってくるんです。しかしあたるはどうでしょう?進級するまでラムを忘れていた。こんなことがあっていいのか!?このシーンは完結篇を否定しているような気がしてならない。もっとも完結篇はこの作品の後ですが…
それに、このシーンはまだ水晶による呪いの力で皆からラムという存在が薄れていったとか(そう考えるとランや弁天達があっさり地球を離れたのも僕の中では納得)、あたるはラムを忘れようと、ガールハントしていたとか(それはないか)、いろいろ考えが浮かぶからいいのです。問題は運命の赤い糸。
アレは本当に、なんか頭の中がこんがらがった。あまりに衝撃的過ぎて、「あの五つの赤い糸は誰とつながっとるんじゃ〜!?」と、頭の中ではキレてた。本当に、僕の中のうる星を全て否定されたような気さえした。
ラムは良かったんだけどなぁ〜。あたる一人でこうも変わってしまうとは…うる星は、やっぱりこの二人がかみ合って出来てると改めて思いました。

(無題) 引用
No.5-27 - 2002/08/16 (金) 14:02:21 - 繁ファン ID:EAcsSYZw
言いたいことは皆さんと同じようなものです。あたるの指に赤い糸が沢山ついているところはしらけた。「オマエなにが言いたいんだよ。そんなに沢山運命の相手がいてたまるか。そのシーンくらいラムにとって救いのあるシーンにしろよ。」とひとりで思ってたりしました。
終わり方もあまり好きじゃないですね。もうちょっと違うものはなかったものか。
あと最初のほうでしのぶが言う「でも、これは、地球の話だから」と言う台詞も少し嫌味っぽくて好きじゃないですね。
一番よかったのは、やはりしのぶの語りと、メガネたちがラムを忘れようとするシーンですか。あそこで盛り上がりが最高潮に達して、あとはズルズルと冷めていきましたね。
あと「Remember my love」も好きな曲です。

イチファンのたわごと 引用
No.5-26 - 2002/07/08 (月) 04:30:49 - みりん ID:/Dkr4VSY
最近見なおして、ここのトピを読んで、うんうん。とうなづけることがあったので私も一言。

最終的には楽しめたんですが、あたる描き方の点では
私も相当気になりました。
例えば、あたるが数ヶ月でラムちゃんを忘れているとか。
私は「君去りし後」とかでごくまれに見れるああいう所こそ
あたるの本質だと思うので、
(とゆーかそれがあるからあたるが好きになれる…)
だから無意識でラムちゃんを求めてたといっても
ラムちゃんを忘れていたあたる…というのは考えれらないです。

生まれ変わってラムちゃんとあたるが何度もめぐり合うシーンでも
感動したのに、最後のあたるの複数の赤い糸で一気に冷めちゃいました。
いまいち納得いかない感じが残ってちょっと残念です…。

ただ、ラーラが言った
「ラムさんがこの世界に留まり続けたわけ、それはあなたなのよ。」
ってセリフにはなんかハッとしました。それはそうなんだけど
あたるが居なければ、地球にはいないんだなぁと…。
なんか原点にもどった感じというか…上手く言えないですけど。

なんと 引用
No.5-25 - 2002/05/03 (金) 19:37:18 - ぺー ID:8I85j0tU
もっかい見たら、ルウが真実を知ったのは
後でしたので、やっぱりあたるの子孫なんですね。
多分・・・。

う〜んどうでしょう 引用
No.5-24 - 2002/05/03 (金) 00:56:19 - ぺー ID:xFuyuGPM
この間この映画を初めて見ました。

ラムの回想シーンや、
メガネたちがラムを忘れようとするところは
かなりぐっときましたが、
あたるに何本も赤い糸がついていた
シーンは少しがっかりしてしまいました。
せめてあそこは・・・。

終わり方がなんかしっくりきませんでした。
もうちょっとあたるとラムのラブっぷりが見たかったです。
自分的にはビューティフル・ドリーマーの方が好きです。

あと、ルウがラムの子孫であるけれど、
あたるとラムを放そうとしていたので、
結局あたるとは結ばれなかったのでしょうか?
少し残念です。

(無題) 引用
No.5-23 - 2002/03/31 (日) 03:02:27 - アントニオ ID:qNelpl0Q
ラムが居るからうる星は成り立っている。て事がよくわかります。

細かいけど・・ 引用
No.5-22 - 2002/03/28 (木) 23:50:11 - あたるになりたい! ID:BAE7MlvI
あたるがカバになって学校の身分証明書を直した時、生年月日と、住所が原作の設定と違っていたのが、ちょっと残念だった。

すみません 引用
No.5-21 - 2001/09/28 (金) 22:50:59 - 原田 ID:z.4iSq26
リメンバー・マイ・ラブ
とわかんけいなく
ただ原作の初期は「あたる」
たちは一年生だっただけのことです

>5−18 引用
No.5-20 - 2001/09/28 (金) 07:17:37 - TK ID:RN2kr5CI
sscということは原作ということですか?
あれ、僕の考え違いかも知れませんが、、、というか
sscが干渉してくる意味合いというか
論点はなんでしたでしょうか?
読み返してはみますが。

リメンバーの話ですよね?

今、リメンバ−マイラブを見て、 引用
No.5-19 - 2001/09/20 (木) 18:48:26 - 座布団 ID:6UFD3xxk
リメンバーマイラブがすごく好きになりました。

 ラムがいなくなってから、あたるが無意識にラムのことを忘れようとしたり、ふとしたことで思い出してしまったりする気持ちが良くわかるような気持ちがするんです。
 また、メガネが一人旅にでたり帰ってから部屋の中を駆けずり回ったりした後、みんなとラムに関するものを燃やして現実を見つめ、大人になっていくというシーンは一番グっときました。
 それというのもアメリカで現実とは認めたくないような事件が起きたからでもあります。アメリカの人々は悲しみに暮れもしたけれど、次の日になったら、黙々と自分にできることを考え、あるいは献血に行き、あるいは日常を取り戻そうといつものことをしたりして明日にむかってます。そしてしのぶの言うように『何かが違う』日常なのかも知れないけれど、それを取り戻しそしていつもの現実に近付けてゆくのでしょう。

 予備校の先生からかわるがわるこの事件に関する話をされ、いいかげんこの事件を忘れたかった自分はもう止めてくれと思いもしたけれど、最後に大島先生という方に上の文に近い話を聞いて現実を見つめる強さを教わった気がしました。

(無題) 引用
No.5-18 - 2001/08/29 (水) 17:40:47 - 原田 ID:w9aQFd.s
いいえ
SSC(少年サンデーコミックス)
です
SSCA(少年サンデーコミックスアニメ版)
ではありません

(無題) 引用
No.5-17 - 2001/08/28 (火) 00:32:17 - TK ID:RN2kr5CI
>とありますがコミックには進級してから二年四組になっています。

これはアニメコミックのことでようか?

(無題) 引用
No.5-16 - 2001/08/26 (日) 18:10:43 - 原田 ID:IVLjLF7U
>[Re:15] TKさんは書きました :
> そんな世界が存在するのは永遠に進級しない2年4組によるものではなく
> ラムが存在する非現実のなかだけがうる星やつらの世界でうる星やつらなんだよ〜っていう製作者側のメッセージを感じます。
とありますがコミックには進級してから二年四組になっています。

久しぶりに投稿します 引用
No.5-15 - 2001/08/25 (土) 14:29:49 - TK ID:S3l.WDIw
11引用

>後に「そして、私たちは3年に進級した。」ていうのになんというかジーン>とくるものがありました。うる星は時間の流れがないからだとおもいますが>なんとなく印象的です。

僕もそう思います。
時間の概念がない、永遠にどたばたした世界が「うる星やつら」の世界観でありそもそもみんなが進級するとかといった事はあっては成らないのでしょうね。
>あと親友であるラムがいなくなってからの弁天様たちはたしかにしかたのな>いことといえどもあっさりしすぎてるよううな気がします。それもあたるが
>ラムのことを忘れる原因じゃないんですかね。
永遠に2年4組でなければいけなくて、だからこそちゅど〜〜んなんて事があっても次の瞬間復活するキャラクターたちがまかり通り、宇宙人であるラムが
平気で地球の高校に登校する。
非現実的な事が通るから弁天やお雪なんかも当たり前のように存在している。

そんな世界が存在するのは永遠に進級しない2年4組によるものではなく
ラムが存在する非現実のなかだけがうる星やつらの世界でうる星やつらなんだよ〜っていう製作者側のメッセージを感じます。
だから僕らは進級しない。ってね(笑)

進級するっていうのはごく当たり前な時間の経過でそれがあるという事は
いわゆるリアルな現実の世界。
だからみんなも人間離れしたことはできないし非現実的な宇宙人の存在は
排除しなくては行けない。
これってもううる星やつらの世界ではないのですが、結局こうなるでしょ?
現実的でどたばたもなく平和な日常ってこうでしょ?
ラムがいない事が普通で怪力机投げや弁天やもろもろのキャラクターの行動や
存在は現実ではありえないんだよ。
そんな実験的って言うかうる星やつらとは?という世界の再確認と問題定義
がなされている様に思いました。

、、、で
やっぱりラムがいなければだめでしょ?
ラムがいればうる星やつらで他のキャラのそんざいもありでしょ?
それがうる星やつらでしょ?
みたいな(笑)
けっこう高等なテクニックなのかな?って感じました。
みなさんはいかがでしょう?

すいません 引用
No.5-14 - 2001/08/20 (月) 22:12:29 - 終ちゃん ID:iA/HP/BU
先ほどのやつ誰のに対してか引用し忘れてました。ここから2つ下の原田さんのことです。すいません。

(無題) 引用
No.5-13 - 2001/08/20 (月) 22:08:41 - 終ちゃん ID:iA/HP/BU
原作・アニメ、両方ともにないはずです。だからこそそこに含まれる意味がより深くなるのだと僕としては思います。それにしてもあのシーン、ほんとにラムちゃんかわいそうでしたね。

ところで 引用
No.5-12 - 2001/08/19 (日) 17:05:54 - 原田 ID:VSz.PyV.
ところで「あたる」が河馬にされている時「ラム」の回想シーンがありますけ
れどもそのシーンは、原作でもアニメでも見たことが無いのですが、それは、実際にTVか原作であったのでしょうか?
だれか教えて下さい。

(無題) 引用
No.5-11 - 2001/08/15 (水) 00:09:05 - 終ちゃん ID:MRQ0h9s2
この作品あまり他のみたいに好きじゃないんですが、しのぶが長々と語っていくところ好きです、その最後に「そして、私たちは3年に進級した。」ていうのになんというかジーンとくるものがありました。うる星は時間の流れがないからだとおもいますがなんとなく印象的です。
あと親友であるラムがいなくなってからの弁天様たちはたしかにしかたのないことといえどもあっさりしすぎてるよううな気がします。それもあたるがラムのことを忘れる原因じゃないんですかね。

リメンバー 引用
No.5-10 - 2001/05/21 (月) 13:43:53 - TK ID:VSMF6LVM
この作品は僕は大好きです。

作画がまず森山ゆうじさんだったので<森山ラムが好き
こんなコメントを書いてしまっているのですが、ルーとの
おっかけっこのシーンでの30秒ワンカット処理は
やはり見せ場だったのではないでしょうか?

内容もアニメうる星感から大きく離れる事なく、ピンクの
カバも僕的にはすんなり受け入れられました。

今日帰宅してもう一度じっくりみてからさらに細かい感想を
書いてみたいとおもいます。

(無題) 引用
No.5-9 - 2001/05/20 (日) 01:48:47 - ネコこたつ ID:nKbHb23M
尻切れ蜻蛉さんの文より
>あたるの気持ちの切り替えが余りにも早かった点。
>こんなに早く気持ちが切り替えられるのなら、「君去りし後」での
>あの悲嘆の暮れようは一体なんだったんだろう・・・、と思ったもので。
>それに、一時的にとはいえ、あたるはラムを忘れていたんですからね。
>この点でも不自然さは拭い切れません。

たしかに。いったい「君去りし後」が何をいわんとしていたか、監督さん
にはあまり理解してもらえなかったように思います。
監督さんのうる星に対する研究不足でしょうか。

(無題) 引用
No.5-8 - 2001/05/19 (土) 01:18:44 - R ID:SLN5rcvI
リメンバーマイラヴ、全体的にはいい作品だと思います。
僕がアニメ映画で初めて涙腺を緩めてしまった作品ですし。
僕はこの作品をビデオで見て、しばらく立ち直れませんでした。

ただ、尻切れ蜻蛉さんの
>あたるの気持ちの切り替えが余りにも早かった点。
>こんなに早く気持ちが切り替えられるのなら、「君去りし後」での
>あの悲嘆の暮れようは一体なんだったんだろう・・・、と思ったもので。
>それに、一時的にとはいえ、あたるはラムを忘れていたんですからね。
>この点でも不自然さは拭い切れません。
という意見には全く同感です。
しのぶのナレーションだけではこの事を説明するには不十分だったと思います。
メガネたちが写真を燃やすシーンは良かったのに…。

あとは、最後のドタバタシーンに戻るところかな。
あれはあれで良いんですが、その後にプラスαが欲しかったかなと。
まぁ、みんながこの事件のことを忘れてるんじゃしょうがないかな、
とは思いましたけどね。

主題歌『Remember My Love』はいい歌ですよね〜。
あと、OPの『Born To Be Free』については
アニメにメタル調の歌を使用するなんて、うる星恐るべし、
と思いました。

RMLについて、私の私見をば・・・。 引用
No.5-7 - 2001/05/18 (金) 01:05:32 - 尻切れ蜻蛉 ID:WbfFPzTw
私は、実を言うと小学校の頃、この映画を父の社員旅行のバスの中で
見ており、これが私のうる星やつらの初体験です。
それから月日は流れて、ビデオを買って最初から最後まできっちり見た
んですが、BDにはかなわないものの、やはり良いです。
とりあえず、甘甘だし(笑)。

しかしながら、二つばかり疑問があります。

まず一つめ。
あたるの気持ちの切り替えが余りにも早かった点。
こんなに早く気持ちが切り替えられるのなら、「君去りし後」での
あの悲嘆の暮れようは一体なんだったんだろう・・・、と思ったもので。
それに、一時的にとはいえ、あたるはラムを忘れていたんですからね。
この点でも不自然さは拭い切れません。

二つめ。
ルウよ、せめて泣くとかしないのか?別れ際の所があっさりし過ぎです。
あれだけ御執心だったのに・・・。やはり、「自分の存在が消えるかも
しれない」という恐怖とラーラ(笑)にはかなわなかったのか・・・?

以上、この二点だけが私の腑に落ちない点です。
では最後に。

>RMLの主題歌「リメンバーマイラブ」も、
>数あるうる星の曲の中で違った感じがしていいと、思います。
>なんか、ジーンとくる歌です。個人的には一番好きですね。あれ。

私もあの曲は好きですね。私的には、この映画のイメージにぴったりだった
と思います。
因みに私は「EVERYDAY」一番好きだったりします。
って、TVシリーズのEDですが(笑)。

おっとー。つけ足しです。 引用
No.5-6 - 2001/05/14 (月) 23:45:37 - さも ID:rrwBtxHo
ああ、カバに戻るじゃなくて(爆)カバから戻った、ですね。
すいません。

リメンバー・マイ・ラブはいいですよねー。
公開当時、小学生だった私は、一生懸命翻訳しました。
意味がわかるたび、すっごく嬉しくて。
歌いたくてルビふって。懐かしいです。

55件 ( 1 〜 50 )  前 |  1/ 1. 2. /2



チェックした記事を
     名前 
名前はコロコロ変えないようにしましょう
メール 
   タイトル 
本文に即したタイトルにしましょう。本文と無関係なタイトルはご遠慮ください。
本文      
意見を述べる場合は感情的にならず、「何故自分がそう思うのか」をしっかり書きましょう。
単に「好き」「嫌い」などのように、一言だけ書くというのはご遠慮ください。

暗証  個人情報を保存 
 

〔投稿にあたっての留意事項〕
  1. #{トピック番号(半角)}で当該トピックへリンクを設定できます。(例: #{10})
  2. 同じ内容のメッセージを複数のトピックに投稿すること(マルチポスト)はご遠慮ください。
  3. 半角カタカナ、機種依存文字(全角ローマ数字、○の中の数字等)は文字化けの原因となりますので使わないでください。
  4. 誹謗中傷、個人情報等のプライバシー・人権・知的所有権の侵害に結びつくメッセージは削除されます。
  5. トピック内での脱線は不可です。脱線するようであれば適切なトピックへ移動して下さい。
  6. 挨拶だけの投稿などはご遠慮ください。
  7. 単に「好き」「嫌い」のように感想だけを書くというのもご遠慮ください。必ず自分の意見を書くようにしてください。
  8. 意見を求める場合は、まず自分の意見を述べるようにしましょう。
  9. 投稿する前に、もういちど自分の書いたメッセージを読みなおしてみましょう。 感情的になっていませんか?
    話の筋は通っていますか?
  10. 引用の際は発言No.を書くなり発言者を書くなりして、何処からの引用かを明示しましょう。(引用の基本的なことです)
  11. 必ず「うる星やつら伝言板」についてをお読みください。